2012年02月29日

日本兵弱すぎクソワロタwwwwwwwwwwwwwwww

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 06:50:07.73 ID:JyrB1DEs0


アメリカ軍かっけえwwwwwwwwwwww









2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 06:50:35.55 ID:41FPaCo30

ネトウヨ激怒の予感



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 06:53:10.05 ID:52uw4h+M0

日本兵は弱かったんだから

南京で30万人も虐殺できたわけがないな



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 06:59:04.94 ID:v09rnic/O

アメリカを世界一苦しめた奴それは日本兵



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 06:59:52.54 ID:x3UuRwZs0

武器持たずに突っ込んでくるとかwwwwwwwwwwww
 
原始人でもありえねーだろwwwwwwww
 


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:00:32.53 ID:3M8ODVH30

まるで今のサラリーマンだな



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:08:57.69 ID:Gfw2C76q0

ベトナム戦争の方がしんどかったんじゃねーの



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:11:39.31 ID:cH8Vj5ts0

>>10

そりゃそうだ

日本軍は補給なし、根性だけで戦って

ベトコンは中国・ソ連の支援を受けて戦ってたんだから



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:12:48.22 ID:pjmAYkJc0

日本兵が弱いのではなく、食料、弾薬がなかっただけ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:13:22.40 ID:3M8ODVH30


>>12

それを含めて弱いっていうんだよ




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:15:35.50 ID:a8jQgu2/0

だったら日本兵じゃなくて日本というべきだったな



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:15:42.42 ID:sgv0otLq0

精神力だけなら恐らく最強

身体能力も結構ある

でもそんなの戦争にあんまり関係ない



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:36:42.08 ID:Xo76r8oR0

いくらいい武器あっても兵站がクソ



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:39:35.20 ID:fg0KdgEvO

日本軍は戦略レベルで壊滅的にダメだった



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:41:38.09 ID:eLBkhWqW0

逆にアメリカが負ける姿がまず想像つかない。
 
当時としてもどう考えても無謀だったんじゃないの?



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:50:26.27 ID:/HH0n7TgO


当時も勝てると思ってた奴なんて殆どいないだろ




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:49:11.42 ID:74HIVkGNO

「漢には、負けると分かっていても戦わなければならない時がある」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:40:35.20 ID:x12zSW1UO

歴史上アメリカと正面からガチでドンパチやったのって日本だけなんじゃね?



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:00:02.48 ID:fg0KdgEvO

山本56「1年くらいなら頑張れるけどそっからは知らん」
というレベル

当時の日本は戦争行動が目的になってた
しかも陸軍と海軍で別々の国(陸→中国 海→米国)と戦うって状態

日本にとっての勝利は一応
陸軍:満州国を国際的に認めさせる+中国の資源独占
海軍:ABCD包囲網の解除+太平洋の石油の独占

だと思うけど、そんなことどうでもよくなってたと思う
日本のトップですらそう思ってただろうし



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:57:17.09 ID:pjmAYkJc0

日本兵は銃じゃなく木の棒で突撃したと聞いたことがあるが本当か?



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 07:59:10.87 ID:3NsAmaBM0

竹槍じゃね?



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:00:40.08 ID:sgv0otLq0

サイパンには木の棒の先に銃剣を結びつけて突撃した人もいたってよ



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:03:23.91 ID:/HH0n7TgO

末期は兵士に配る銃が無くて銃の形に削った木の棒で代用してた

とかいう話もあるから或いは実際に突撃した人もいるかもね



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:02:16.06 ID:IUGwbmwQO

木の棒どころか素手で砲台に突っ込んだとか

実際一時的に奪ったケースもあったとか



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:06:29.22 ID:pjmAYkJc0


仏壇の隣に置いてある軍服見てたら悲しくなってきた




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:52:31.06 ID:E0esRGeZ0

誇りと言ったら聞こえはいいが

意地で戦争したのは日本ぐらいではないだろうか



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:40:05.26 ID:gqqvoff/0

有利な条件での講話の目はあったのかね?



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:52:04.49 ID:/HH0n7TgO

>>48
ある分析ではとっとと中国から引き揚げてそれに使っていたカネで飛行機とか
色々作りまくっていれば緒戦でもっと大幅にリード出来たとか何とか

ただどちらにせよ交渉する役がいないからまず無理だな
そういう駆け引きが出来そうな政治家はぶっ殺されてて一人もいなかった



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:55:53.70 ID:HQcKt852O

本土決戦(笑)とかしなくてほんとよかったわ



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 08:56:52.42 ID:+WiLIr2pO

じいちゃんに「戦地で食うもんなさすぎて人肉食ったったwwww股辺りの肉美味すぎワロタwww」
とか聞かされた時のあのじいちゃんのなんとも言えない表情と
何故か爆笑する姉の表情が忘れられない



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:03:17.85 ID:AMsRyFZZ0

お前ら、アメリカさんはドイツ戦のなかで日本も叩き潰したんだぞ

二方面作戦であの圧倒的物量、さすがチート国家やで



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:05:29.92 ID:eLBkhWqW0

逆になんでアメリカってあの当時からそんなに強かったの?



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:07:55.81 ID:AMsRyFZZ0

旺盛なフロンティア精神

 

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:08:33.50 ID:ZRorz33E0

単純にアメリカVSドイツ・日本だったらさすがに負けてたよ



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:13:42.85 ID:HQcKt852O

日本軍も硫黄島なんかはかなり持久戦術とって米軍苦しめたとか



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:16:15.17 ID:AMsRyFZZ0

>>69

ありゃ特例中の特例

突撃しないとか日本人かどうかを疑うレベル



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:23:35.39 ID:7+q0xaZp0

数も装備も数段劣る軍隊で何ができるっつったら、

せいぜい空元気で相手ビビらせて追い散らすくらいが関の山ですよ



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:29:27.74 ID:iEoxtn+m0

バーサーカーだから兵は強い

バーサーカーだから将は弱い



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 09:26:57.59 ID:exi9+SQm0

突撃って一度相手まで到達すれば相手は瓦解するからな

今まで突撃で成功を収めてきてたから突撃しちゃうんだろ

アメリカがおかしいんだよ全兵士に自動小銃やマシンガンがいきわたって

補給の弾薬がガンガンやってくる国がさ



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 10:43:38.98 ID:QeoaNmLy0

当時のアメリカの生産力はやばかったからな

なんだよ1週間に一隻って

チートすぎんだろ



127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 10:45:04.58 ID:HQcKt852O

陸軍が潜水艦作ったとか泣けてくる

資源少ないのに、なんで資源持ってるアメリカより効率悪いことやってんだよ日本



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 10:48:01.59 ID:heU0KemL0

日本のやられっぷりには悔しいと言うより情けない・・・

 


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/28(火) 10:49:30.55 ID:Mzdsew440


まあ負けるべくして負けたって事だな



最新包茎手術情報1


THE PACIFIC / ザ・パシフィック コンプリート・ボックス(初回限定生産) [Blu-ray]


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/michaelsan/51698855
この記事へのコメント
  1. 1GET
    ( ´∀`) at 2012年02月29日 15:06 ID:5wmbtdsOO
  2. なんでも甘えで片付く国だから負けたのも甘え
    名無し at 2012年02月29日 15:10 ID:xx5tJW4zO
  3. 猿だもん
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:10 ID:Y1C3yROj0
  4. 2 かなしいね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:11 ID:JetkQO5O0
  5. パシフィックはごく一部だけ見て語るようなドラマじゃないよ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:11 ID:oIyKtjKQ0
  6. 頼もしいTOMODACHIじゃないか
    名無し at 2012年02月29日 15:12 ID:v1MMjAah0
  7. 素手で〜みたいのは武勇伝じゃない
    上層部の無能に付き合わされた末端の悲劇
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:13 ID:cslaeC590
  8. 列強白人支配の脅威に対するために何たら!の割には
    自分らのアホさ加減に対して危機感が無さ過ぎた
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:24 ID:PSRBZo7v0
  9. アジアアフリカがそれ以上に糞雑魚だから日本や中国にまで列強が到達したんだろうが。
    名無し at 2012年02月29日 15:26 ID:a5oSgfBhO
  10. 日本兵相手に勝ったんでオレ達強い!で
    ベトナム突っ込んでったらメチャクチャ追い込まれちゃったアメリカさんだから
    強いのか?頭いいのか?ってのはあるよなぁ・・
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:26 ID:cBJk4E5zO
  11. わるあがきするしかなかったとは悲しいねえ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:30 ID:O0JEgdrn0
  12. 日本が弱いのは分かったのなら、援助も協力も求める必要はないよね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:31 ID:DNiFi.uE0
  13. 上層部の悪あがきの稚拙さは歴史上でも群を抜く
    哀れなり一兵卒
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:34 ID:F0fDknGWO
  14. 馬鹿が上に立つのが、この国の伝統。
    だからこそ下にいい人材が残る。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:39 ID:uldEvanI0
  15. むしろ日本は自分らのアホさ加減が分かっていたからこそ
    ムチャクチャやらかして何だか分からないうちに事をおさめるしかなかった
    で事がおさまらなかったので あとはムチャクチャだけが残った
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:40 ID:PSRBZo7v0
  16. 弱いとかいってるけど中国にはよく勝てたな
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:41 ID:gyrSORZP0
  17. アジア諸国を解放出来ただけで戦った意味はあっただろ。
    そうじゃなきゃ今のアフリカみたいになってたんだろ?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:44 ID:rA5zG5cN0
  18. 戦争もしたことないお前らに何が分かるんだよw
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:45 ID:eWUxuCRB0
  19. ※14
    何言ってんだこいつ、上だけじゃなくて下もバカしか居ないだろ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:45 ID:XO5ZtcsC0
  20. パシフィック全部見たけどそんなに面白くなかったな
    名無し at 2012年02月29日 15:45 ID:OtQAfh5GO
  21. パシフィックは1巻だけみて、もう続きは見られなかったな
    本や話で聞いてはいたけど、再現されると見るのが辛いわ
    でも、俺らが気にしないといけないのは
    シミュレーションゲームの戦力分析じゃなく
    そんな状況下でも戦った理由は何か、だな

    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:47 ID:KETckPeN0
  22. 中国には勝てるがそれ以上でも以下でもないのをわきまえない
    (主に頭が)弱すぎる奴らが突っ込んで行った  らしい
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:48 ID:PSRBZo7v0
  23. >>日本兵相手に勝ったんでオレ達強い!で
    >>ベトナム突っ込んでったらメチャクチャ追い込まれちゃったアメリカさんだから

    ちと違う。
    日本相手の時は「悪の侵略国家日本を討つぞ!真珠湾を忘れるな!!」で全力出したから一方的な戦いになったのに対し、
    ベトナム相手の時は「ベトナムにはベトナムの都合があるだろうに!それを武力で押さえつけるのが果たして正しいのか?」ってなって全力を出せなかったから負けた。

    よく言われるけど、アメリカはベトナムに負けたんじゃない。
    アメリカ国民に負けたんだ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:48 ID:mKYcA0nD0
  24. 米21
    クーデターで軍部が政治家を殺しまくって、政治家が軍のいいなりになって、大局的に物事を見れる人や、他国と交渉ができる人がいなくなったから
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:49 ID:mKYcA0nD0
  25. 日本陸軍=ばんざい突撃ってのがもうイメージで定着したよね。
    もう日本陸軍が基地外に描かれるのがデフォルトだな。

    しかし、バンドオブブラザーズのドイツとザパシフィックの日本とで扱いが違いすぎてたよな。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:50 ID:z.Cvmr5N0
  26. 実写の映像見てみろ。情けないなんて言えないぞ。日本人がお国のために殺されまくってるの見て、ただただ、ありがとうございました…としか言えないぞ。
    名無し at 2012年02月29日 15:51 ID:iexZOY1M0
  27. 米17
    アジアが開放されたのはアメリカのおかげだけどね
    まぁそのアメリカを戦争に引きずり込んだのは日本だけど

    偽悪者のつもり?
    そのために一体何人の日本人を死なせたんだか
    国民の為の政治としては最悪な判断だよ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:52 ID:mKYcA0nD0
  28. お前が無駄に過ごした今日は、 戦争で死んだ人が痛切に生きたいと願った明日なんだ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:53 ID:QV0Fput40
  29. ぼくがかんがえたさいきょうのぐんたい

    兵士:日本人
    将校:アメリカ人
    装備:ドイツ製
     囮:イタリア人
      at 2012年02月29日 15:53 ID:wM4ZF3TxO
  30. 戦争に勝ったか負けたかなんて・・・もういいんじゃないかな?

    日本は戦争を捨てた
    それは戦争が無意味であると悟ったから

    世界中のどこよりも正しい決断をしたんだよ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:54 ID:d.hd4veZ0
  31. 当時の日本人のほとんどが農民。基礎体力はたかい。識字率が高く、訓練が容易。しかも田舎の娯楽として柔術をかなりの割合の人間がつかえた。
    ここら辺が米兵を苦しめた所以だろう。
    at 2012年02月29日 15:57 ID:FK90HvgL0
  32. これ一話で観るのやめたわ。
    自国がボロカスに負ける映画(ドラマ)観るのってやっぱりキツイ。
    他の枢軸国だった国の人たちはどう思うんだろう?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:57 ID:z.Cvmr5N0
  33. 見下されようが虐げられようが死ぬよりはマシであると
    現代ではこの世界観が当たり前だからな
    あそこで戦わず迎合しようもんなら俺は日本人をやめてる
    at 2012年02月29日 15:57 ID:pTe5qcSGO
  34. ※10
    ベトナムさん、国土防衛に関してだけはアジア最強だぜ

    ※17
    まぁ結果論だけどな
    あと、元々米国が居座っていたフィリピンだけはかなりのマイナス
    米国派と日帝派に分裂させて争わせる結果に終わり、終戦後に米国が居座り直したしね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:57 ID:tgE5JqYQ0
  35. ※18
    貴方は太平洋で戦われた方なのでしょうか…

    お身体に気を付けてくださいましm(__)m
    at 2012年02月29日 15:58 ID:LQCfpMxR0
  36. 米ソ英で当時の世界の工業力の7割を占めていて
    アメリカ参戦を聞いて当時の英首相チャーチルは連合国の最終的な勝利を確信した
    アメリカマジチート過ぎワロタ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 15:58 ID:mjLU1Rgs0
  37. 過ぎたことで悔やむより、
    それのお陰で今があると考えた方がいいんでねえの
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:00 ID:LM9XQQRH0
  38. アジアが解放されたのはアメリカのおかげて 当たり前のように書いてるが
    びっくりするわ
    at 2012年02月29日 16:00 ID:XWCL5FGeO
  39. ※23
    その論法あまり言わんほうがいいぞ>国民に負けたんだ→支持されない軍派兵した
    につながって結局いい方向にならんから
    それと>国民に負けたんだ
    これ確か同じような台詞、大本営の人が戦後の回顧録でボヤいてたぞ
    大本営のわるあがきと同列だぞ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:00 ID:QFoEcJF2O
  40. 事実日本戦争負けてるしな。条件が違ったらとか、物量の差でとか言い訳はいらないです。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:03 ID:kuIkY.PE0
  41. 今の日本と同じだよ。上が現実を見れない馬鹿揃いだとどうしようもない。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:04 ID:qNu7XNjt0
  42. 「生きて帰るのは恥な事」って価値観は悲劇だよな。
    本人も家族も生きて会える方が良かったろうに…
    名無し at 2012年02月29日 16:06 ID:T9MEwm2ZO
  43. 日本軍最強伝説(笑)
    日本刀1本で100人以上斬り殺せるほどの戦闘能力と有り余る日本刀を持ち、銃剣と単発銃のみで80万人以上殺す等、
    原爆以上の破壊力を持つ携行兵器を誇り、揚子江の川幅を2m以下にしたりするほどの高い土木技術を持ち、
    沖縄で米軍上陸後も市民に玉砕命令が出せるほど命令系統がしっかりしていて、
    当時オランダ領だったインドネシアにも開戦前から日本軍用の慰安婦を送り込むほど先見性があり、
    日本兵の数を上回る従軍慰安婦を一日に一人あたり何十人も暴行するほど絶倫で、
    AVが無かった時代にも関わらず慰安婦に顔射するほど独創性に富み、
    韓国で文化施設はもちろん一般家庭にある辞書から料理本に至るまで処分してまわるほど暇で、
    優れた建築施設・街・鉄道を全て破壊し尽くし、日本のダメな建築物に建て替えるほど資材と資財が有り余っていて、
    当時の朝鮮の人口の半数近くを日本へピストン輸送するほど燃料と船舶が豊富で、
    中国で家々に火を放ちまくり虐殺した民間人の死体を集めてたっぷりとガソリンをまいて燃やすほど石油資源に余裕があり、
    わずか70万人の関東軍で戦闘の合間に20万人もの中国人慰安婦を満足させるほど絶倫で、
    広く険しい中国大陸を大軍勢で移動していたにも関わらず、兵士や民間人が逃げる暇も無い程のスピードで動き回る運動能力を誇り、
    山東省で広島+長崎の核2発分の犠牲者数を超える42万人を殺戮する細菌兵器を保有し、
    田舎から都市部まで全ての街道を余す所無く隅々まで破壊し尽くし、
    さらに人気の無い山の奥深くでさえ草一本残さず毟り取る程の根気と几帳面さを兼ね揃え、
    名無しさん at 2012年02月29日 16:06 ID:HE6htdTM0
  44. 敗戦に突っ走る旧日本軍、大日本帝国政府に
    今の日本経済界、政治がダブって見えるのは気のせい?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:06 ID:5M3.y4Ns0
  45. 日本は致命的に外交が下手くそ。

    負けると判ってても戦わねばなんて言ってるが
    そんな状況を作り出した時点で大馬鹿野郎。

    そしてその外交下手は、現外務省に受け継がれているという。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:07 ID:R7JGZ.sP0

  46. 11歳が戦場で暴れ回るほど逞しく、戦後に意味の無い強制連行を行いまくるほどの軍備と余裕があり、
    圧倒的科学力を誇る朝鮮の反日勢力になぜか圧勝するほど運がよく、
    朝鮮人を殺しまくりながら人口を2倍にするという魔術を持ち、
    敗戦国でありながらGHQを手玉にとって朝鮮戦争を起こすほど政治力と外交能力に長け、
    中国での最初の慰安所大一サロンにはハイテクエアコンを完備させ、
    半世紀以上放置されても使用出来る毒ガスを作れる科学力を誇り、
    金の掛かる化学兵器砲弾を200万発も生産して中国全土に埋め、
    もともと無い記憶を奪えるという摩訶不思議な能力を持っていた大日本帝国が敗戦したことは、人類史上最大のミステリー。
    名無しさん at 2012年02月29日 16:08 ID:HE6htdTM0
  47. なんか日本兵の行動に違和感が…
    当時の価値観としては、敵に殺されるのは恥だったんでしょ?
    「撃てよ!」っていう根性があるなら自殺してる気もするけどなぁ

    ※40
    それはいいわけじゃなくて事実の指摘じゃね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:12 ID:XoAaUx5i0
  48. そんな日本が好き
    名無し at 2012年02月29日 16:21 ID:Q.GcP7yg0
  49. 強かったら負けねぇだろ・・・。

    何を今更。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:23 ID:1yBd9xix0
  50. 意地だけで戦った国というか部族はいっぱいいたんじゃないの?
    もう残っていないだけで
    名無し at 2012年02月29日 16:24 ID:iEExYsyMO
  51. 船坂弘が後100人いれば、戦争には勝ってた
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:25 ID:.wZJqAFx0
  52. 47
    その事実をして言い訳たらしめることを指摘してるんじゃね?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:27 ID:kuIkY.PE0
  53. 集団ヒステリーに追い込んで日本をダメにしてきたのはマスゴミ
    太平洋戦争然り、ミンス政権然り、原発事故然り…
    よお!左の>>1 at 2012年02月29日 16:27 ID:8AWv6HuNO
  54. っていうかアメリカはドイツと日本だけだろ?
    日本は中国大陸から東南アジアまで全て手を広げた状態で更にアメリカと戦ってたんだろw

    無茶ぶり過ぎてワロチンw
    むしろアメリカと1年以上戦い続けてた方が奇跡だわw
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:35 ID:MJ6gsgql0
  55. 今の軟弱な人間が戦時中の人間をバカにする事なんて出来ないよ。
    戦争もしてないのに何言ってんだか。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:36 ID:qYdo.Qn50
  56. ネトウヨ活発化でコメ欄がかなりのびそう
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:38 ID:Q.a8JcZt0
  57. 今も昔も日本は変わらんよ
    今でもブラック企業がまかり通ってるんだ
    ちょっと変えればすぐ日本人は玉砕覚悟丸腰で突っ込んでいくよ
    マスメディアも同様
    寒流ごり押し、AKB、政権交代、がんばろう日本
    今でも右往左往されまくってちょっと違う意見言えば非国民
    なぁに、後50年もすればまた原発のことで
    これを教訓にうんたらかんたら言う番組作ってうんうん言ってるさ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:39 ID:35w4Owrj0
  58. 元はと言えば(特定のというよりは多くの)お偉いさん方が不満はありこそすれ誠意が感じられる仕事ぶりだったら
    いくら寒い状況どうのこうのとはいえ
    国のためを思った行為があんな関係無い暗殺祭りみたいになって暗黒時代突入加速させる事もなかったと思う
    今の日本人であってもナメた真似はほどほどにしておかないと いつどこでどうシャレにならんトチ狂ったもんになるか

    というかそれはシステムが限界きてるからもっと真面目にやれってもどうにもならんものなのかもね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:40 ID:PSRBZo7v0
  59. むしろ原爆ほど良い引き際はないでしょ
    良い外交カードというか日本が全て悪という理論が通せなくなった良い材料だわ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:41 ID:MJ6gsgql0
  60. 連呼リアンwww
    名無しさん at 2012年02月29日 16:43 ID:HE6htdTM0
  61. 笑い事ではない。
    この人たちが戦ってくれた
    から今戦争なく暮らせてるんだからそれは忘れちゃだめだろ。
    名無し at 2012年02月29日 16:44 ID:Xh5qpv6dO
  62. 馬鹿な大本営に振り回されて現場が酷い目に遭う。
    今の日本も変わり無いじゃん。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:45 ID:Www6m8lt0
  63. 英霊に敬礼!
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:45 ID:MJ6gsgql0
  64. あれは戦術・戦略・外交がマズ過ぎたな。敗戦から何を学び次をどうするかだな。卑屈になる必要はない。
    あ at 2012年02月29日 16:48 ID:ro60QS6m0
  65. ヌクヌクした場所にいる人間に限って偉そうなこと抜かすのは今も昔も同じですね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:48 ID:CalTibJ80
  66. ※30 日本人が主体的に捨てたんじゃない
    手足もがれた上に捨てさせられたんだよ
    自ら放棄してガンジーみたいになったのなら大したもんだけど
    at 2012年02月29日 16:49 ID:6tEnjRJE0
  67. ※59
    そんな糞ジャップなら原爆投下は妥当 な印象工作は止めて下さい
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:50 ID:PSRBZo7v0
  68. むしろ割と対等にドラマ作ってくれてることに感謝
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:50 ID:MJ6gsgql0
  69. 64
    原発事故から何を学び次をどうするかだな。卑屈になる必要はない。
    …次は何だ?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:51 ID:35w4Owrj0
  70. ちょうどいいところで降伏して、自国の軍も残して適切な経済活動
    してれば、今みたいにならんかったのでは?日本人は自滅しようとしている
    ようにも見えんでもない。まあ人種差別が今よりも苛烈だったから
    やむをえんところもあるが。あそこで日本人が意地を見せなかったら
    おそらくアジア人、アフリカ人は今でも動物扱いだったと思う。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:51 ID:ELzoasmC0
  71. そんな英霊たちを米国が叩き潰してくれたからこそ
    今の日本の繁栄があるわけだな
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:53 ID:PSRBZo7v0
  72. パシフィックには沖縄戦で、日本兵が赤ちゃん抱いてる母親に爆弾巻きつけて、米兵と自爆させようとする描写がある
    これにはさすがに悪意と怒りを感じた
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:53 ID:0BaPYaco0
  73. たくさんの白人の中に一人だけアジア人の日本・・・
    そりゃ外交的に勝てっていう方も辛すぎるだろ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:56 ID:MJ6gsgql0
  74. ※71
    英霊がいなければ、お前は今首輪つながれてサルとして暮らしてただろうよ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 16:58 ID:MJ6gsgql0
  75. 原発事故は第二の敗戦
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:01 ID:q3n7.Js20
  76. 今なら人種、立場をこえた相互理解ができるのではないか。
    一瞬にして何十万人もの人を失った日本の苦しみ
    連日連夜のカミカゼ特攻に計り知れぬ恐怖を感じたアメリカ
    文化や習慣が真逆の民族がぶつかり合った貴重な戦いだったと思う
    それを両国がしっかり踏まえれば、中東和平につながると思うんだが。
    いまこそ互いの対話が必要なんだが、ミンスで台無し。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:01 ID:ELzoasmC0
  77. アメリカの日系人部隊442連隊は優秀だったらしいけど
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:03 ID:2P4JtRHd0
  78. タイトルがうぜぇ

    しねよ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:03 ID:edKhmT8L0
  79. ※74
    英霊がいなければ、お前はもっと良い暮らししてた
    という仮定の話で盛り上がるか?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:04 ID:PSRBZo7v0
  80. 反省点は


    同調圧力を疑え かな?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:04 ID:s2rU.bRo0
  81. ※76
    自民政権50年を振り返れば自民にも無理だったということにあるが
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:05 ID:MPj9ZyyC0
  82. なんかやっぱり不思議な縁を感じる。
    アメリカの原爆でめちゃくちゃになって復活したけど
    地震でまた原発事故。こんどは米兵が人命救助と
    いう高尚な任務で日本に臨む。
    あの時より世界は着実にポジティブになってる
    これからどうなるか。。。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:07 ID:ELzoasmC0
  83. 84はなんか納得したわ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:08 ID:E06SJBqn0
  84. 西海岸は制圧できたんだがな

    どちらにしろ、ひきこもりニートで役に立たないおまえらは竹島にでも突撃して役に立てよ
    あ at 2012年02月29日 17:08 ID:tkt4qiKA0
  85. あの頃の指令部はマジキチだったからしょうがない
    名無し at 2012年02月29日 17:09 ID:bqqX4p.7O
  86. なんかさあ・・・じいちゃん達は俺達のために死んでくれたんだぞ?どんな人でもそれだけはこえちゃならないのにさ・・・ホント日本人腐ってきてるよな
    名無し at 2012年02月29日 17:10 ID:ooqCqJJhO
  87. ※80
    あわてん坊さん忘れ物よ。

    つキリッ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:12 ID:kuIkY.PE0
  88. 85
    今も上層の人間はマジキチじゃん
    そうじゃないなら今の労働環境なんかがまかり通ってるわけがない
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:13 ID:35w4Owrj0
  89. 86
    別に今現在も社会のためにとか社会人としてとか言って過労死してる人いっぱいいるじゃん
    少し形は違えど何も本質は違わないよ
    昔の日本も今の日本も変わらないよ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:16 ID:35w4Owrj0
  90. 確かヒトラーか誰かが

    日本兵は世界一勇敢な戦士だ
    そして指揮官は世界一無能だ

    みたいなこと言ってたよね

    戦車に鉄砲が効かないからって手榴弾抱えた兵が自爆攻撃とかしてあまりの日本兵のイカれっぷりに精神ぶっ壊れるアメリカ兵が多々いたみたいね
    あ at 2012年02月29日 17:19 ID:QWnDv90nO
  91. 上司が行けといったら行くだろう
    それが日本人の気質というものだ
    ワタミの社長も最近同じようなこと言ってただろう?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:26 ID:35w4Owrj0
  92. 兵が強かったのは意思統一というか洗脳というか空気読めてる民族性のせいか…

    誇ってもいいが同時に愚かと考えるべき。

    また戦争になって木の棒突撃させられるのはお前らぞ。

    女は売り物になるだろうな。当時より鬼畜がトップだし。
    か at 2012年02月29日 17:27 ID:Llrx7cQE0
  93. ドイツまかしたのはソ連だろ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:29 ID:rkirDkBw0
  94. 覚悟決めて自爆ならまだいいよ…
    ほとんどが関係ない病死飢え死役に回されるんじゃね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:32 ID:PSRBZo7v0
  95. 92
    緊急時になったときに男女共同参画が発動するかどうかが楽しみ
    こういうときこそ男女平等だ
    後は市民団体が9条掲げて自衛隊の前に人の壁を作って自衛隊を動かせないようにするかどうかも楽しみ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:33 ID:35w4Owrj0
  96. 国益よりも面子が大事の縦割り政治に、プロパガンダに簡単に踊らされる程度の低いメディアと国民。
    企業は目先の利益を追いかけてノーモラル状態で、利権でズブズブの植民地経営では多くの利益が闇に消えていた。
    勢いとトータルの生産力だけはまあまああったかもしれないけど、正直言って内実は今の北朝鮮を笑えないものだったと思う。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:33 ID:xclL27Y20
  97. なんて映画ですか??
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:40 ID:ztRS7LID0
  98. ※89
    俺は過労死と戦死は本質から違うと思う。仕事って少なからず自分の為の部分があるけど戦争って強制だし、直接死に繋がる戦場での恐怖感は間接的な社会のそれとは桁違いだと思うんだ。過労死の人も凄いと思うけど、やっぱり戦死した人には感謝しなくちゃ
    名無し at 2012年02月29日 17:42 ID:jAZQ45wHO
  99. 今の日本があるのは日本が負けたおかげであって当時の兵隊さんのおかげではない
    だから戦争に駆り出された結果亡くなって可哀想とは思うが、有り難うとは思わない
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:49 ID:.akuScbq0
  100. 例え無力でも戦わなくてはならない時はあるんだよ。
    アジアの為にも戦ったし、だからこその現状だよ。

    友人や親兄弟が死んで命からがら生き残ってる方がまだご存命なのに、よくまあお前らはそんな事言えるよな。
    馬鹿にされ搾取され笑われてそれでもヘラヘラして戦わないのがいいのか。
    アジアは当時植民地だったんだぞ。
    それを少しでも何とかしたくて必死で抵抗するのがそんなに馬鹿みたいか。
    どんなにアメリカや白人の気持ちになったって自分がアジア人である事実は変わらないぞ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:51 ID:nR7o8QrK0
  101. なんでもネトウヨで片付ける低能と言い、
    あの戦争の意味も理由も知らないのか単にバカサヨなのかw

    しかも自国をそこまでディスるとか早く半島に帰れと言いたいわwww
    お前ら勝戦国でもなんでもないからね(笑)
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:54 ID:pwfS8LOh0
  102. いえーい!在日管理人見てる〜???
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:55 ID:pwfS8LOh0
  103. 98
    働かなければニートと煽られブラックでも働かないといけない
    これは強制と何も違わない
    そしてこういう人が過労死して日本を守っているともいえるが、同時に労働環境を悪くする一端を担っているとも言える
    戦死した人には感謝しなくちゃと言うなら毎年死んでる過労死者にも感謝しなくちゃな
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:57 ID:35w4Owrj0
  104. 100
    熱意は伝わったけど、訳がわからん。
    君は何時代の代弁者でござ候?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:57 ID:kuIkY.PE0
  105. タイトルで大漁すぎてわろた
    演出とフィクションを見て歴史議論とか
    疑似餌に群がる魚だろ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:58 ID:NnRcgHAw0
  106. ※99
    今の日本がアメリカのおかげだと思ってんのか、ノー足りんが。
    当時の日本兵その他が善戦したおかげで何とか有利な条件で敗戦に持ち込めたのに。
    GHQが食料を戦後配ったのだって、それで飢餓がなかったのだって天皇陛下が宮家の財産放出してまでGHQと交渉したからなのに。

    完全に見下されたままなら未だに奴隷だったろう。多くの日本兵が敬意に足る人間だったから、アメリカその他も認めざる得なかった。

    今の日本は、日本兵が必死に頑張ったおかげなんだ。負けたからじゃない。むしろ敗戦国としてこれだけ金ばらまいてこの現状なんだ。はき違えるな、朝鮮猿。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 17:59 ID:nR7o8QrK0
  107. いや、日本だって植民地を作りに外に攻めていってたんでしょ…
    そりゃヨーロッパ人ほどあからさまな現地人差別はしてなかったかもしれないけど、それって日本人が分割統治ってやり方に未習熟だったせいもあるだろうし、本質はあんま変わんない気がするな。
    当時の日本人が野蛮だったとか凶暴だったとか言うわけじゃない。
    自分の曾祖母のことだからそのようには思えないが、だからって当時の日本のあり方が、最悪と言うほどじゃないにしても正しかったとは言いづらいな。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:00 ID:xclL27Y20
  108. 日本は負けてでもアメリカを引き込まないと中露に侵略されてたんだから
    負けてアメリカを番犬にして中露から逃げられた時点で日本の勝ち
    北方領土取られたけど、北海道は死守できた
    アメリカじゃなければ日本は山分けにされていたよ
    朝鮮が今の分断されてるのは奴らの自業自得

    中露の悪辣さと比べればアメリカの青臭い黒さはまし
    at 2012年02月29日 18:03 ID:JkKEtSkc0
  109. 弱いとかねーわ
    アメリカ>ロシア>ドイツ>イギリス>日本
    ぐらいの順に強いから
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:03 ID:mjANAabt0
  110. ※107
    まったく違う
    植民地経営のやり方が180度違う

    欧米諸国が、資源を算出させる奴隷を増産したのに対して
    日本は、作りかたから教えたし、インフラしまくった

    欧米諸国の植民時代は、被植民者は鉛筆一本作れなかった
    石油を求めて、戦線を拡大したのは事実だが、事実の一側面だけみて
    物事を決めるのはおろかだ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:07 ID:mjANAabt0
  111. ※106
    >当時の日本兵その他が善戦したおかげで何とか有利な条件で敗戦に持ち込めたのに

    有利?
    天皇制の維持以外は日本の要求は何一つ通らなかったのに何言ってるんだか
    スポーツじゃあるまいし敵国の善戦に応えてそれ相応の対応をしたなんてそんな甘いもんじゃないでしょ
    ソ連の台頭もあるし、防共の観点から日本を民主国家として独り立ちさせる必要があり、そのため援助までしたアメリカ
    別に正義の国とまで言うつもりはないが、一応民主国家のリーダー・世界の警察を自認してるんだからはじめから日本を奴隷扱いなんてするつもりないでしょ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:13 ID:.akuScbq0
  112. 江戸から開国明治で近代化のち世界最新鋭空母艦隊を作り出すに至る
    負けてものちの経済大国へ繋がってる
    もみあげる名無し  at 2012年02月29日 18:13 ID:h3Xs0cjt0
  113. でも満洲国のやり方とか結構酷くねーか。
    八紘一宇っていうのも、そんなに差別的ではないにしてもいわば日本を中心としたゆるい中華思想だよね。
    まあ当時文化多元主義とかそんな考えはあるわけないけど、だとしても、民族の平等を謳いながらよその王様を勝手に天皇の下に組み敷くってやり方はちょっと矛盾してたんじゃないか。
    当時の日本に「宗主国」の思い上がりがなかったとは言えないと思う。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:16 ID:xclL27Y20
  114. ※111
    朝鮮を見ろ
    一応敗戦国ではないにしてもご覧の有り様だよ
      at 2012年02月29日 18:17 ID:7JWCsf.3O
  115. ※111
    なぜそこまで無条件にアメリカを信じられるの?
    そもそも、アメリカがどういう経緯で出来たか知ってるのか?
    そんな国に対して、彼らは建前があるから奴隷化しないなんて
    どんだけアホなんだよwwwwww

    当時は奴隷(植民地経営)は白人にのみ許される特権だったんだから
    建前も何も存在しないよ、そもそも白人じゃなけりゃ人じゃなかったんだから
    有利ってのは
    -500(非人間)が0(愚かな人間)ぐらいに戻ったって意味だろう
    本人じゃないからどういう意図でいったのは知らないが
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:17 ID:mjANAabt0
  116. 腹が減った? 大和魂で膨らますんだよ!! だからな
    あれ?今も変わってない・・・?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:19 ID:M1gPYM.R0
  117. 幕末から戦前の政治のまるでアフリカの部族政治のような縄張り意識とか、ああいうのはやはり一度ぶっ壊れるしかなかったんだと思う。
    まあ今でも完全になくなったわけじゃないけどな。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:20 ID:xclL27Y20
  118. 動画を見て日本兵弱すぎwwってないわー。

    >>1

    ネトウヨ煽ってふざけてるわけじゃなかったら、キチ外と言う外ない。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:20 ID:kuIkY.PE0
  119. ※113
    当時の日本はアメリカの進軍と要塞を何よりも恐れてたからな
    歴史地図とかみてみるといい(焚書扱いだけだけどな)
    米、豪の戦略的同盟とか米VSイギリスの覇権争いとかいろいろあって
    反乱狂になってたんだろうな日本は
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:22 ID:mjANAabt0
  120. 勝ったとか負けたとか以前に




     ま だ 終 わ っ て い な い




    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:26 ID:CJNRFFXh0
  121. ※110
    日本が使った建前が「大東亜共栄圏」
    日本が思う本音は「植民地、資源、シーレーン諸々」
    アジア開放とか言う調子のいいホラが効いたのは大戦前半
    次第に現地の徴用や徴収が増えるにつれて愛想つかしていった
    たしかに現地人が日本に呼応したのも事実
    だがスハルトやホーチミンらが離反、対抗したのも事実
    事実の一側面と言うより過程と言うべき

    というか「日本が正しいとは言えかった」ことに対して反対ならお前の見解をまず述べるべき
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:27 ID:feJq3DLR0
  122. ザ・パシフィック見たよ、結構面白かった
    あ at 2012年02月29日 18:27 ID:B6AYR1UJO
  123. ※115
    だってアメリカからすれば「ジャップ共め!手こずらせやがって」ってことでそれこそ復讐心が芽生えてもおかしくなかったわけじゃん
    百歩譲って「善戦した日本に敬意を払った説」と認めるとするなら、
    自動的にアメリカも紳士的であったことを認めないと話が通らなくなるよ?
    ソ連なんかはドイツに散々苦しめられたから、ベルリン陥落後に大規模なレイプ・虐殺までしてるんだから
    そういう善意悪意の話ではなく、ソ連と共産主義の台頭を抑えるために米は日本を必要とし、そのため復興のバックアップまでして自陣営に引き込んだというのが世界史的解釈でしょ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:28 ID:.akuScbq0
  124. 大日本帝國陸軍のバカさ加減は歴史に残るレベル。イタリアとか笑えない。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:31 ID:xclL27Y20
  125. >>113
    日本の植民地運営の思想は
    植民地を搾取するのではなくインフラを整えて発展させて実った果実を美味しく頂く
    現地人も日本人と同等に扱い同じ大東亜共栄圏の一員とする
    その証拠に日本の士官学校は国籍問わず朝鮮や台湾の子弟も受け入れており
    創氏改名を拒否した朝鮮人でも中将になれた

    逆に欧米は植民地は採取の対象でありインフラなんか整えようともせず徹底的な差別主義で虐げてきた
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:33 ID:rFiVEmAn0
  126. 日本は負けてよかった
    じゃないと日本は自国民以外の外国人とのコミュ力がほとんどない
    たぶん天狗になって威張り散らしただろう
    それにくらべ米国は世界のリーダーの器は日本よりも勝っていたのはたしか
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:34 ID:h3Xs0cjt0
  127. あれだけ勢力圏を拡大したら兵站の維持なんで無理だわな
    日本軍の悪いところって戊辰戦争以降幕府側、倒幕側が見習ったフランス、ドイツ両軍の悪いところを混ぜ合わせたみたいなものなんだよな
    例えば精神論に走るのってWW騎戦当初のフランス軍にみられるし、兵站軽視もドイツ軍に見られたこと
    WW欺藉のフランス軍なんて生命の跳躍がどうたらこうたらで兵には攻勢以外行動を取らせるなってやってみたり
    フランス軍の象徴は赤のズボンだから変えるなんてもってのほかとか言って、戦場に赤のズボンで丈の高い白の帽子を被り言ったからなw
    なにやってんだよって思ったけど
    あ at 2012年02月29日 18:34 ID:0SS5pwwA0
  128. ※121
    過程?なんで過程の話になるんだ
    事実として、日本を歓迎した国と歓迎しない国がいて
    その割合によって正しさが決まるんだろ?
    少数が離反、反乱したって、その行動が多数にとって利益をもたらす
    ことだったならそれは正しいことだろ

    事実、アジアの植民地は開放された
    たとえ八紘一宇がプロバガンダであったとしても戦争目的に
    事実として記載されて、それを達成したんだから正しいだろ
    110 at 2012年02月29日 18:35 ID:mjANAabt0
  129. 戦術と兵士の質は若干上ぐらい
    戦略が決定的にダメだったけど、物資などが揃った時は大抵勝ってるだろ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:37 ID:UhxB3UoG0
  130. 現代のこういうやり取り見てると悲しくなる。
    俺たちに語る資格なんてないよ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:38 ID:Jpgq6.ng0
  131. ネトウヨで片付けたほうがこんな討論早く終わるもんな
    ある意味連呼リアンは正しい
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:39 ID:pq0xo4zS0
  132. 不要に祖先を貶める日本人だか何人だか
    わからん無知蒙昧が多いけど

    戦果をみてみろよ,兵站も情報も糞中の糞で
    あそこまでやれるってことは個人の質意外にも
    軍規がきっちりしてなきゃむりだよ
    確実に教養の平均レベルは今の日本人より上だよ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:40 ID:mjANAabt0
  133. ※131
    いつになったら祖国にかえるの?
    もうこなくていいからね^^ばいばい
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:42 ID:mjANAabt0
  134. 動画だけ見てめっちゃ泣いた
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:47 ID:zv.YoPKN0
  135. 当時の日本人の教養が今よりマシってことはないでしょ。
    政治家は江戸時代のお殿様みたいだし、戦後のサザエさんなんて読んでみると末端の兵士も現地で結構やんちゃしてたことが伺える。
    指導者は明らかに時代錯誤だったし、一般の国民にしても時代相応に荒っぽかったと思うよ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:50 ID:xclL27Y20
  136. 日本によって「解放」されたインドネシアの教科書
    http://nishiha.blog43.fc2.com/blog-entry-1008.html

    要約すると
    ・日本軍は侵略を継続するための資源(石油)を求めインドネシアへ侵攻
    ・インドネシア民族はオランダ植民地時代うわまわる非常に重い圧制を経験した
    ・日本の戦争のために人的・天然資源は搾取され、それに反対するためレジスタンス活動も行なわれたが、鎮圧されてしまった
    ・しかしそれでもなお、インドネシアに対して行なわれた軍事訓練が後の独立運動の萌芽になった
    ・重要な役職についた国民的指導者たちは、インドネシア民族自身に対する自信をを芽生えさせた。

    日本の功罪を両方書いてある
    功の部分だけをもって「日本はアジア解放のために闘った」とドヤ顔で言えるか?
    俺だったら言えないね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:51 ID:.akuScbq0
  137. ※132
    >不要に祖先を貶める
    未来を良くするために過去を反省することが必要なんだよ。
    そうじゃないと進歩がないからな。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:53 ID:xclL27Y20
  138. ※136
    いえるよ戦争目的に明記されるてからね
    実際にそれを達成してるしプロバガンダであってもね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:53 ID:mjANAabt0
  139. 【ネット工作】ネトウヨ連呼厨の正体は在日民団
    ttp: //ameblo.jp/0k0k/entry-10339562547.html
    ttp: //unkar.org/r/airline/1248262118
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:55 ID:CvmGOFuz0
  140. ※137
    アホか?その自虐の末にイギリスはどうなってんだよww
    過去を反省することはメリットよりデメリットの方が圧倒的に多いわボケ
    ナショナリズムが戦争を引き起こすとか奇形左翼の教育を
    信じてるならナンセンス極まりない
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:55 ID:mjANAabt0
  141. こんな論争もうやめようぜ・・
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:56 ID:pq0xo4zS0
  142. ※140
    >過去を反省することはメリットよりデメリットの方が圧倒的に多いわボケ
    そんじゃあ人類はどうやってこれほど大きな社会組織を作り出して地球上に繁栄するようになったわけ?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:58 ID:xclL27Y20
  143. 大東亜戦争での日本は策略においては失敗だらけだったとしても、硫黄島戦とかアメリカ軍の方が死者上回ってるし、一概に「弱かった」とは言えないねぇ

    むしろ誇張無しに大日本帝国軍の一兵卒は世界一忠実で死を畏れないと言われたぐらいだし。DVDのワンシーンだけを全てと思い込むような、単純で短絡的な思考で物事を考えたら駄目だと思うなぁ
    二回 at 2012年02月29日 18:58 ID:ejBVZFWCO
  144. 必読、
    オススメ〜 日本ってスゴイ!
    外人が日本人を特別視してるってのは、自分の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
    まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。

    しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、その上そのただでさえ
    極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
    だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
    そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
    非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回してガチで戦争して、
    世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、オランダ倒して、世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。
    しかも二発だよ。二発。考えられない。
    敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。

    しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらに インフラまで全部叩き潰されて、
    多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能にしといた極貧衰弱国家で、今度こそ生意気な
    イエローモンキーが消えて数百年はウザイ顔見ないで済むと思ってたら、直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、
    参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 18:59 ID:CvmGOFuz0
  145. 東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で 世界中( ゜Д゜)ポカーン・・・状態。
    その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。
    しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。金融とかでまだ全然進出してないし 車や家電、
    工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。
    もうキチガイの域。 伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。
    何気に世界最長寿国とかなってる。

    んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
    アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。

    極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、その上の皇室保有。
    エンペラーに代表される歴史。普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:00 ID:CvmGOFuz0
  146. また在日スレか…やれやれ。
    無意味 at 2012年02月29日 19:00 ID:x1IGv3zrO
  147. ※142
    あのさぁ…
    ガキじゃないんだから
    極論に飛ばしてどうするの?民族間対立において
    って話だよ英を出した時点で気づいて欲しいが
    反省するべきでない点を反省だなんだといって仕事してるような振りが
    日本人は多過ぎるからいってるだけだよ

    つまり、(日本人はもう)反省する必要ないよって意味、わかる?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:01 ID:mjANAabt0
  148. >>144
    そういう日本マンセーやめようぜ。朝鮮人みたいで恥ずかしい。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:01 ID:xclL27Y20
  149. ※138
    民族にとって「解放」と「独立」どっちが大切だと思う?
    日本はその点完全な自治政府を擁立していない
    つまり平たく言えば欧州のくびきからは放たれたけど日本と言うしがらみができたんだよ
    勝ち馬に乗ってる日本についてくのはいいけど戦局悪化して独立を許さない国と心中しようと思う?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:04 ID:feJq3DLR0
  150. チョンまとめブログ連合は人権擁護法案も早くまとめてくれよ
    労力裂かすなや
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:04 ID:eFQt.3BK0
  151. 戦前の社会体制やメンタリティを引きずったままでは日本はおそらくこれほど豊かで自由な国にはなってなかった。
    イギリスだってなんだかんだ言って結構うまくやってる国だよね。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:04 ID:xclL27Y20
  152. ※138
    戦争目的に明記されてるかどうかという問題じゃなく、正当な行為だったかという話だよ

    インドネシアからすれば
    ・悪い主人(オランダ)を追い出したのが更に悪い主人(日本)だった
    ・でも結果的に主人への隷属を断ち切る力を得ることができたのは事実だからそれは認めざるを得ない
    ってことなわけで、他の日本によって欧米列強から「解放」されたアジア諸国も事態は似たり寄ったりだ
    それでも悪いことには目を瞑り「日本いよいことをした」と言うのであればそれは夜郎自大以外の何者でもない
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:06 ID:.akuScbq0
  153. ※149
    君が何を言いたいかよくわからないが
    主旨が日本は正しいか否かであるのならば
    戦争目的を達成した国が正しいと私は思うので、日本は正しいと答える

    さらに、戦争論にしたがっていうなら日本は戦勝国でさえある
    (こっちは荒唐無稽すぎるのでさすがに主張しないが…)
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:06 ID:mjANAabt0
  154. 洋画で同情されてとかどんな皮肉だ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:08 ID:7WTYyaQh0
  155. こういう議論はなんだかんだでやる方がいいと思う
    無関心より関心がある方がいい
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:09 ID:888iN7xF0
  156. ※152
    正しいって何を意図していってるの?
    普遍的な真理を求めているなら、それはどこの国も
    達成できない命題だよ。所詮は利害関係でしかないからね
    国どうしのお付き合いは友情ごっこじゃないし

    その中でも日本は随分、真面目に考えて行動してると
    個人的にはおもうけど
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:09 ID:mjANAabt0
  157. 「過去を反省する必要はない」って言う奴は、反省する必要のない過去を勝手に思い描いているだけなんじゃないのかな。
    省みるという漢字の通り、人間は反省を交えることなしに過去を見ることが出来ない。
    過去を考える事自体が反省の働きであり、過去を理想化することも反省の一つの現われにすぎない。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:09 ID:xclL27Y20
  158. 自動小銃とマシンガンって何が違うの?
    at 2012年02月29日 19:11 ID:PvA9GZj9O
  159. 戦争目的に書いてあってその通りになったから正しい戦争?
    日本の戦争目的の一番重要な部分が達成できないどこどころかマイナスの結果になったんだから、先の戦争は日本にとって圧倒的に正しくなかったことになるな

    まあそもそも戦争目的達成=正しい ってのも違うと思うけどな
    そういうのは成功ではあるけど正しさとは別次元の話だ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:27 ID:.akuScbq0
  160. ※27
    でも日本を戦争しなきゃならない経済状態に追い込んだのは
    アメリカだぜ

    輸出禁止とかABCD包囲網ではなく、その前の段階に
    アメリカのブロック経済政策があり(日本だけでなく欧米のいろんな国も不利益被ったが)
    さらにアメリカのそうした政策は、自分の所で起こった市場暴落が発端の大不況と、金融対応のミスによる世界恐慌(世界中が損失被った)への発展から、自分の所だけ守ろうとしたため


    …あれ? 歴史を辿ると全部アメリカの所為なんじゃね?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:28 ID:eUfXjL9V0
  161. えらい自虐スレやな。
    あ at 2012年02月29日 19:30 ID:1ib4td4F0
  162. >>160
    日本は調子乗って警戒されてハブられたわけだ。もともとイエローモンキーでもあるしな。
    「出る杭は叩かれる」とか「根回し」という言葉のある国なのにそういうところが甘かった。
    米国と対決せざるを得ない状況を作った時点で負けてた。
    そして明らかにマズイ戦いをせざるを得なくなってからは、精神論で自分自身を誤魔化し出した。
    トップも国民も。
    そういう点も良くなかった。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:35 ID:xclL27Y20
  163. お前らようつべで日本がアジアに残した功績の真実を見ろ
    あ at 2012年02月29日 19:35 ID:HE6htdTM0
  164. 「大東亜共栄圏」という大義も、負け戦、大きな犠牲を出すことが明らかな戦を強行するための動機の補強に使われたって面があると思う。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:37 ID:xclL27Y20
  165. 東南アジアがヨーロッパの支配から解放されたのは、
    日本がヨーロッパを追い出して→追い出した日本が最終的に負ける
    という二段階があってこそのこと。結果論。
    日本が勝ったまま戦争終結していたら東南アジア諸国の本当の独立はなかっただろう。
    中国や朝鮮半島の支配についていろいろ怨恨を買っちゃってるのは、日本とこれらの国の間の長い歴史も理由であるだろうけど、日本がよその国を侵略して支配するということについて経験が浅かったせいもあると思う。
    童貞がはじめてのセックスでAVのようなことをしようとして嫌われちゃったみたいな。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:49 ID:xclL27Y20
  166. そもそも「侵略」なら相手の軍隊を教育しないよw
    軍事訓練もさせてあげて学力も向上させてそれが侵略?
    独立の教育と引き換えにちょっと資源を頂戴しただけ
    その後はさらにODAでインフラ整えまくってw
    こんな侵略あるかよw
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:51 ID:MJ6gsgql0
  167. ※165
    それ日本側だけの意見な
    インドネシアは隣の某国と違ってちゃんと「功」の部分まで教科書で
    取り上げてるのは素直に偉いと思った

    >独立の教育と引き換えにちょっと資源を頂戴しただけ
    主目的とと副目的がが逆でしょw
    美味しい石油資源がなければわざわざ侵攻してないんだから
    日本が純粋に独立の手助けのためだけに元の宗主国と闘った例があれば教えてくれ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:53 ID:.akuScbq0
  168. ※166と書くべき所を165と書いてしまいました
    訂正します
    167 at 2012年02月29日 19:56 ID:.akuScbq0
  169. 教育もインフラも「日本人化」が前提でしょ。
    日本軍だってボランティアしに大陸や南方に進出したわけじゃない。
    「本国人化」すれば対等な扱いをしてあげますよっていうのはヨーロッパもやってることで、フランスの外人部隊なんかがそうだな。
    キツい任務を12年とか我慢すればどんな素性の人でもフランス市民権をあげますよっていうような。
    ヨーロッパ人化するよりは日本人化するほうがハードルは低かったかもしれないけど、まあ本質は同じだ。
    本当は◯◯人なのに日本人のふりをしなければまともに扱われない、ということで不満を持つ人も当然いただろう。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:56 ID:xclL27Y20
  170. 軍事訓練ってのはようするに日本のコマとして米と闘わせるために施したんじゃないの?
    別に威張れる話ではない
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 19:57 ID:.akuScbq0
  171. いつも疑問なんだけど
    自虐して何になるんだ?自虐したところで憲法改正も
    再軍備も、なにもできないけど?でも不必要に、反省しなきゃいけない
    っていってまるでヒキニートかなにかにしか見えないんだが?

    過去の功罪を認めることで初めて新たな国として
    再出発できるんじゃないのか?
    全面的に日本が悪かったじゃあ未来は中国の属国だけどそれでいいのか?
    それって事大主義となんら変わりないよね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:01 ID:mjANAabt0
  172. 比較的良い「侵略」だった それ以上までは行けなかった
    急にとってつけたように大東亜なんちゃら言いだしてもそこらへんの限界なるのは仕方ないかもな
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:02 ID:PSRBZo7v0
  173. 提督の決断をやると陸軍のウザさが際立って笑うw
    上手い具合に表現したもんだと感心したもんだ。

    アメリカとの戦いより陸軍との主導権争いのほうがダルいというwww
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:09 ID:nIsZp6hJ0
  174. 当時の日本人は何を考えていたんだ?
    たくさん人が死んだだけじゃないか!
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:10 ID:C9vdgsYi0
  175. そんなアメリカ軍相手に戦い抜いた
    今村大将すごすぎるな。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:11 ID:ooL7aZ3j0
  176. 166.そもそも、イギリスとか、植民地の現地人を兵士
    にしたし、インフラも整備したよ。また、フィリピンは
    アメリカの法律で1944年に独立させることが可決されてた。
     ついでにいうなら、アフリカとかも独立しているけど、
    もう、イギリス、フランスが植民地を抑えなくなったことと
    アメリカが植民地を廃止して自由貿易を推進したかったから
    に過ぎない。(まあ、多少は早くなったけど。もうイギリスや
    フランスに植民地を維持する力はなかった。)
     また、アメリカはドイツと日本、二つとも敵にしても勝てる
    実力。ちなみにドイツは敗戦日を除くと配給が滞ったことなく、
    また、兵士が一人一つパンツァーホースト(対戦車兵器)を
    持ってたくらい。竹やりじゃ勝てないね。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:11 ID:yLQGtTzn0
  177. 山本五十六観たけどあれが本当なら今と同じで国会議員がアホ過ぎたから負けたし(勝つ見込みもなかったけど)大勢無駄死にしたんだな…
    あ at 2012年02月29日 20:20 ID:XfEwUxdP0
  178. >>171
    過去の失敗から改めるべき点をみつけだして将来に役立てるためだよ。
    自虐とは違うな。反省だ。反省は自分自身のために行うことだ。
    甘い思い出に浸って実体のない喜びを反芻するより役に立つことだ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:23 ID:xclL27Y20
  179. 序盤の中ボスを倒した程度で調子に乗って、
    いきなりラスダンに挑んだらアイテム使い果たして全滅した感じ
    難易度もシステムもおかしい、こんなのクソゲーだと言う前に、
    まず自分の攻略ルートがおかしくなかったか考えるべき
    ななし at 2012年02月29日 20:29 ID:D2BrC.jPO
  180. 植民地支配による現地への恩恵といったら、たとえばフランスによるベトナム支配は観光資源になるような街並みとか東南アジアのなかでもとりわけ洗練されて美味しい料理とかを生んだけどな。
    それでも他国に支配された歴史を振り返って「良かった」というベトナム人は少ないだろうけど。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:32 ID:xclL27Y20
  181. 何お前らまともなコメしてんだよきめえええええええええええええwwwwwwwwwww
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:46 ID:fxI.PeY30
  182. アメリカの物資が豊富なのは確かだけど
    ミッドウェーあたりまでは日本の方が物資や戦力で上回っていたけどな
    物資が豊富でもそれを効率的に運用できる学問やノウハウが
    米国より遥かに遅れていた
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:47 ID:DE9YdvZI0
  183. 日本のほぼ全員が戦争をしたがっていた
    日本は強い。日本は神の国
    そのための示威的行動として戦争をけしかけまくった
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:52 ID:ckl3W81G0
  184. 元のポテンシャルがそれほどでもないのをクラスチェンジで列強と肩を並べるようになったが
    それから先のためのクラスチェンジまでは至らなくて能力の足らなさが足を引っ張ったのもある
    色々と愚かだなぁと見られるのもほとんどそれ
    正しいルートを歩もうとしてもそのせいでどっかで引っかかってると思う
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:53 ID:PSRBZo7v0
  185. 明治から見た目上は割と快進撃な感じでやってきて勘違いしちゃってた部分もあるんだろうな。
    見識のある人は負け戦になることをわかってたんだろうが、そうでないところでは「日本は強国。負けるわけねー」みたいな気分もあったのかも。
    戦後の繁栄は東西冷戦で頭数が必要だった西側主要国のメンバーとしてアメリカに「招待」してもらったおかげだな。
    日本人の努力やアメリカの理想主義的な善意もあっただろうけど、状況に恵まれた部分もある。
    今日本はかつて50年間世界をリードしていた国という意識をもって困難な状況に立ち向かっているけど、決して同じ事を繰り返さないようにしたいもんだ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 20:56 ID:xclL27Y20
  186. もともと開戦時には一発勝負で優勢に立ったところで、手打ちして少しでも有利な条件引き出して終わるつもりでいたのにな
    短期決戦分の軍事力とそれを支える国家財力しかなかったんだし
    その方法ならなんとか勝算ありってことでおっ始めたのに…

    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:10 ID:7OFD.YQJO
  187. >>1の動画見て>>1の感想にはならんな
    どちらもかっこいいよ、日本軍も米軍も
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:14 ID:745P6N3p0
  188. 20mも全力疾走出来ないようなお前らが何言ってんだ?www
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:15 ID:SeNUuAIH0
  189. 根性がどうとかってより洗脳されてただけっしょ
    ヒロポンなんかもつかってたみたいだし
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:18 ID:9CpZYAtA0
  190. 洗脳って言葉はキツいが、まあちょっとどうかしてた、乗っちゃいけない勢いに乗ってたってのはそうだろうな。
    アメリカと本格的にことを構える前に、もっと現実的な選択もあったはずだ。
    それが出来なかったのは、政治家や軍の首脳だけでなく、当時の日本人全員の責任だ。
    今の日本人も、日本のこれからについて全員が責任を担っている。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:33 ID:xclL27Y20
  191. おまえらじいちゃんばあちゃんいないのかよ
    群馬と東京が戦うようなもんだぞ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:34 ID:FKC.TiAA0
  192. スレタイがちょっと間違ってたな
    あ at 2012年02月29日 21:38 ID:D2BrC.jPO
  193. ここのコメント欄でも白人美化ってかいてるやついるけどそうにもみえないけどな・・
    まあ俺が一部のこの動画しかみてないからそんな判断になるんだろうけど
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:41 ID:Iq16OLra0
  194. 普通の農民が戦場に送られたわけですから…
    名無し at 2012年02月29日 21:42 ID:gA9jx34DO
  195. そうそう、日本兵は弱かったよ。

    ところで世界一の戦争狂アメリカ軍にもっとも被害を与えたのはどこの軍か知ってるかい?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:42 ID:EG2ouTJ50
  196. 日本に再帰化した日系アメリカ人で満州で軍属の医者をやってた俺の爺さんは戦争について何も言わなかったが一度銃創を見せてくれたことがある。
    友人の爺ちゃんは「戦争なんてくだらねえ。なんも得しねえ」って口癖のように行ってたな。
    また別の爺さんは、戦争中は将校として船の上で毎日アイロンの効いたシャツを着てのんびりと過ごしたって言ってた。
    婆さんの一人は戦争前にアメリカ留学が決まっていたほどのアメリカ贔屓だったけど戦後GIの行状を見てアメリカ大嫌いになり、
    もう一人の婆さんは終戦時近所の日本軍施設が閉鎖するにあたって軍人がやけくそのように物を捨てるので地球儀などをもらってきたと言ってた。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:47 ID:xclL27Y20
  197. おい!勝手に戦勝国になりすましてる犬国家チョンをどうにかしないと
    左はドコだ at 2012年02月29日 21:48 ID:8AWv6HuNO
  198. この動画、ここだけ抽出するとか意味ないんだが・・・
    これじゃただの釣り動画じゃん
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 21:49 ID:ZA9MxSKq0
  199. 結果として、連合国側は『日本の侵略と植民地支配を打ち砕く!』って名目で戦ったため、自らの植民地を手放し、人種による優劣はないと認めざるを得なくなった。
    この功績はものすごくでかい。
    現代の価値観で『お話し合いで解決すれば良かったのに』とか言うアホがよくいるが、当時の欧米は完全に有色人種を見下していたため、無理だったんだよ。
    日本が戦ったことにより、人種による優劣はないという世界の流れが出来たんだ。
    自分の先祖バカにして喜ぶ基地外がいる at 2012年02月29日 22:01 ID:tjqtfk5Q0
  200. ただ日本兵弱いって言ってる奴アホだな 彼らは日本のために命を尽くした英雄なのに
    かやなく at 2012年02月29日 22:06 ID:.jB1YGrf0
  201. 現代なら
    『人種による優劣なんてあるわけないじゃない。何を言ってるのよ』
    当時は
    『なに言ってるの?黄色人種は白人より格下な猿に近い人種に決まってるじゃない。滅多なこと言わないで!』
    こっちが常識だった。
    この状態から幾多の戦火をくぐり抜けて、今の裕福な暮らしに繋がる布石を打った先祖たちを弱い、馬鹿だと笑うクズが日本人にいるのが情けないな。
    現代の常識は当時の非常識 at 2012年02月29日 22:07 ID:tjqtfk5Q0
  202. 植民地時代を終わらせた重要な戦争やん
    太平洋戦線は
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 22:14 ID:Wr3Ddvsg0
  203. 日本が当時無理して軍事国家目指して身の程知らずだ、というのも現代の価値観からのもの。
    現代に力の弱い、困ってる国があったら
    『国連から支援をしましょう』『いいえ、私が。』とみんなで助けるのが常識。
    しかし当時に弱い国があったら
    『ここは俺のものだから』『なにをバカなことを言ってるんだ。うちの植民地に決まってるじゃないか』
    ってみんなで取り合うのが常識。
    当時の各国は、国民のナショナリズム高めて国力増強しないと生き残れない状況だったんだよ。
    それを今のオカマみたいな価値観で、およしになって!って話し合いしとけば良かった、先祖は馬鹿だの弱いだの、弱いのは自分の頭だと気づけ。
    オカマかよ at 2012年02月29日 22:15 ID:tjqtfk5Q0
  204. 無理な戦線拡大して身の程知らずの見解は
    当時現役だった方のいわゆる備忘録からわかることであって
    現代人が現代的な解釈してるわけじゃないよ
    その見解をオカマみたいな価値観言い放つのは先人に対し無礼
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 22:27 ID:cBJk4E5zO
  205. 記事の題名からして、反省じゃなくて単なる侮辱。こんなやつが日本人なのが恥ずかしい。
    管理人最低だよな at 2012年02月29日 22:32 ID:tjqtfk5Q0
  206. ネトウヨってなんでいちいち下らないことに突っ掛かるの?
    インターネットやってると疲れるでしょ
    あ at 2012年02月29日 22:33 ID:.YAePsnFO
  207. スレタイにマジレスしてる人たちって普段どんな気持ちでまとめサイト見てるの?
    名無し at 2012年02月29日 22:38 ID:.YAePsnFO
  208. だって目的が大東亜共栄圏じゃん?
    資源がある国もない国も関係なく全てのアジアへ日本は行った
    そして軍事訓練や教育を施し再植民地されないようにと願って終戦を迎えた

    日本の植民地化をぶっこわす!

    とは行ったものの日本が終戦したあとまた再植民地化に兵隊出したんだからさw
    まだこの時点では植民地思想は消えてなかったわけよw

    そして、もう無理なほど力つけてたし日本人義勇軍も残ってたもんだから撤退するしかなかった
    その状況になって初めて人種に優劣はないとなったわけだ

    日本は負けたが目的は達成したわけだ
    アジアの独立をアジア人が否定するのはいかがなものかと思うがね
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 22:43 ID:wBUQLG9O0
  209. 204
    無理な戦線拡大とか、あとから見てダメな事柄は沢山あるが
    そういう批判にオカマと言ってんじゃない。
    戦争の意味自体皆無とか、無駄死にとか弱すぎわロスとか侮辱だけしてる基地外に対して言ってんの。
    名無し at 2012年02月29日 22:45 ID:swb45pbZ0
  210. 反省云々言って単なる侮辱を正当化するアホがいるが、功罪両方を見れないと進歩はない。基地外左翼が言うような100パーセント日本が悪くて間違ってるとかあり得ん。
    特攻を基地外扱いする物言いは、かなりアメリカのイメージ戦略にやられてる。
    観点変えると、戦闘員に対する特攻より、都市を住民ごと焼き尽くしたアメリカの無差別爆撃の方が基地外じみている。
    名無し at 2012年02月29日 22:55 ID:swb45pbZ0
  211. 米207
    大きなくくりの「日本軍」弱すぎwってのと
    単なる「日本兵」弱すぎwの区分けつけられないで呼び込もうとするんだから
    まあマジレスされてもしゃあないんじゃない?
    ななし at 2012年02月29日 22:55 ID:IKRhd4NzO
  212. 小火器の出来は微妙
    戦車はリアル柔らか戦車
    兵站ウンコ
    撤退不可

    無理ゲーだろ
      at 2012年02月29日 22:57 ID:pBRHxM980
  213. 特攻うんぬんは焦土爆撃方法を取り始めたアメリカに唯一対抗できる武器の戦闘機を特攻にて無用に失うことの愚もいわれてると思うが…
    卑劣な焦土爆撃作戦をこちら側の無用な作戦でみすみす楽な作戦にさせてしまった愚を
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 23:07 ID:krfaFROjO
  214. 当時の日本の植民地と、当時の連合国側の植民地が、
    現在どうなってるか見れば、正義がどちらに有ったか分かるだろ
    貧困から抜け出せてるのは日本に属してた国ばかりだろ
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 23:16 ID:Zni7VFcB0
  215. どの国にも戦争における功罪があるんだよ。
    だからどの国も基本的に自国を正当化して、国威掲揚につなげ
    さらなる発展と繁栄を目指そうとする。

    たしかに反省して、もっと良くやろうって概念は必要だけど
    他国が基本的に、自国を正当化してばかりの中で
    日本と日本国民だけが
    「日本が全てわるうございました。功の部分は罪に比べると消し飛んでしまいます」
    って自分で自分貶しまくることの利点って何なの?
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 23:21 ID:e.tWCDdC0
  216. 知識全然ないアホが、当時の米軍を前面支持してるコメントあるけど
    原爆の実験で普通に、自軍の兵士を実験台として
    爆心地の近くで待機させてたりしてるんだけど。
    勝ったから、そういう無茶なことやってんのが目立たないだけだよ。

    あとそんなに映画やドラマ見てそれが全てと思いたいなら
    「硫黄島からの手紙」とかでもあったけど、基地とか敵陣地を
    戦闘機から爆撃して攻撃するシーンとか大迫力だよね。
    それに人が死にまくって戦争ってほんと怖いなと思う。

    でも、あれってやられてる側も武器持ってるから
    いわばやるかやられるかで、殺し合ってる場面なんだよね。

    それに対して、米軍の無差別爆撃ってなんなの?
    ああいう大迫力で、爆弾ばらまいて機銃掃射して殺しまくるのを
    武器持った敵兵に対してじゃなくて、
    防空頭巾かぶって逃げまわってる女子供に向かってやってたんだよ。
    それも日本全国の都市で。
    横浜とかでは、駅前に避難民が集まって身動き取れなくなったとこに
    戦闘機が急降下してきて撃ちまくってたんだと。

    日本軍が無策で、自軍の貴重な兵を殺してしまったことは
    大変な失策だけど、いくら敵国の国民だからといって
    ここまでメチャクチャに殺しまくった米軍を全く咎めず、褒め称える
    日本人がいるのってすげーよな。アメリカの情報戦略大成功。
    基本、アメリカは好きだが、第二次大戦の民間人虐殺だけは最悪だと思う。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 23:29 ID:e.tWCDdC0
  217. 歩兵の差なんて装備の差であって、その強弱を論ずるのは愚の骨頂。
    スポーツじゃあるまいし、個々の体格差がそれほど大きく反映されはしない。
    むしろ、弱いのは軍中枢に居た将校クラスの人間達の頭。
    軍が巨大官僚組織になったが故に、各々の所属する派閥の利益のみを優先し、結果として国というよりも組織に忠誠を誓うようになった。
    永田鉄山みたいな切れ者は暗殺されるし、とてもじゃないが国家のエリート揃いの組織とは思えない脆弱かつ醜悪な集団。日中戦争辺りから前線を押さえ込めなくなった彼らが指揮した戦争なんてただの摩耗と殺戮しかもたらさなくて当然。そんな奴らに強制されて戦場に行った人達を悪くは言えない。
    サイパンが落ちた時点でやめれば良かったのに、戦犯になるのを恐れたせいでずるずると戦争を続けて犠牲者を増やしたA級戦犯は許せないし、まして靖国には居て欲しくない。
    靖国に展示してある出征兵士の遺書、妻や子供宛の遺書を読んでいて切に感じた。
    あそこは英霊の居場所であって、愚者の居て良い場所ではない。
    菊水 at 2012年02月29日 23:33 ID:T5dQ1fDNO
  218. 徹底的に特アぶっ潰してほしかったよ(´・ω・`)
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 23:53 ID:1SaKoGQV0
  219. ベトナムは勝てないけど負けない戦争をやって滅茶苦茶な泥沼に持ち込んだ。
    アメリカ国民の反戦運動が巻き起こって国内的に継続できなくなった。ベトナムの戦術的勝利でアメリカの敗北。
    あのままやり続けてれば勝ってたと言う話は一般的に言われているがそれはまた別の話。
    日本は勝とうという戦争、しかも何が勝ちか不明確な戦争をやらかして負けた。戦術的な敗北。
    要するに上がアホだとどうしようもないんですよ。
    もみあげる名無し at 2012年02月29日 23:59 ID:TLpnrP8Z0
  220. しばしばウソの報道を大本営発表と揶揄されるが
    アメリカだろうがどこに国だろうが戦時下では同じ。
    米国も硫黄島であまりに被害を受けたので
    「わずか1週間で硫黄島を陥落できました!」と米国内にウソの報道をしていた。
    米国は自国に攻め込まれる恐怖が薄いので
    すぐに「被害が大きいなら戦争やめちゃおうよ」という気分になる。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 00:06 ID:DJ.G8Ocz0
  221. アメリカはソ連と同じで物量ぐらいしか褒めるところないと思うけど
    朝鮮戦争から今まで、どの戦いでも、戦力の割に兵士を失い過ぎている
    いつも見積もりが甘いから、長期戦に持ち込まれて出費も嵩むし
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 00:06 ID:Eun2X7Eo0
  222. アメリカのベトナム戦争に関しちゃ
    大義名分の南ベトナム政府の首都まで攻め込まれ陥落されちゃってんのに
    負けない戦争行ったなんて負けず嫌いのアメリカの詭弁に過ぎないよな
    大義名分を失って派兵先失ったら完全な敗北でしょうが
    アメリカ人が強情っぱるならわかるがそうでない者がなぜそこまで取り繕う
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 00:20 ID:qOZGs0ukO
  223. 大義名分は戦争につきものだよな
    もっともらしい大義名分はえてして自国の正当化のために唱えてるだけなんだから注意して見ないといけないな
    それは八紘一宇も革命輸出も大量破壊兵器の破壊も圧政からの解放も反共の盾も同じこと
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 00:27 ID:IoHStTDA0
  224. 南北両面で戦線展開したらいくらなんでもムリだよ
    同時展開してた戦線の総延長距離考えたら物凄く長いんだから…
    局所的に個別撃破されて中に入られるし連携もズタズタ
    広大な戦線展開したら絶対不利だよ
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 00:36 ID:nnoGqdb9O
  225. ※221
    アメリカに関しては科学技術でも先をいってた
    兵器の質はもちろん、暗号といった地味だけど戦略的に重要な技術も先をいってた
    戦闘力は物量×質だからアメリカがチートだと言われてる

    兵の質に関しても決して低くはないだろう
    日本のほうが腰抜けのヤンキーに何ができる、といわんばかりに相手を侮っていたフシがある
    でも実際は勇敢に戦うので面食らったという手記が多く残されてる
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 00:36 ID:IoHStTDA0
  226. 戦闘機・小銃・手榴弾は日本が一番優れてた。ただ、量産する為の労働力・鉄・時間が無かった。
    名無し at 2012年03月01日 00:36 ID:uPMkTKSuO
  227. ※225
    いや、WW2では戦い方の違う欧州戦線にも太平洋戦線にも対応できた唯一の国だし、
    中盤からの技術も評価してるよ。
    それでも、兵士が死に過ぎじゃないかなあとは思うけどね。

    ただ、それ以降のアメリカの戦い方は独ソ戦のソ連みたいなイメージ。
    数字では勝てる相手から必要以上の被害を受けてるように見える。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 01:06 ID:Eun2X7Eo0
  228. 硫黄島からの手紙でもそうだったけど、自国側(アメリカ)の卑劣な部分もちゃんと描いてるのを見るに付け感心しちゃうんだけどさ
    近年の日本の戦争映画ってとにかく当時の日本軍は頑張りました、な内容が多いわけだが、日本軍の暗部をも描いてる作品ってある?
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 01:21 ID:IoHStTDA0
  229. 228
    邦画だとたしかに少ない気がするが、そもそも
    学校教育・NHKの歴史番組とか全てにおいて
    日本軍の暗部ばっかり教えてるのに、その上映画でまで描いでどうするの?
    暗部って知られざるって意味合い強いと思うんだけど
    日本の場合、自虐がすぎてむしろそこが一番明るい部分になってるんじゃないのw

    あと硫黄島からの手紙とか、一部の映画で描かれてるけど
    逆にパールハーバーみたいに捏造して日本悪く描いたような映画も相当多い。
    (民間人を機銃掃射する場面があるんだが、それを日本の民間人に対して
     やってたのはお前らアメリカの方だろと)

    ベトナム戦争は泥沼化したから、マイナスイメージがもともと強くて
    反戦映画に使われやすく米軍の蛮行が描かれることも少なくないが
    対日戦に関しては、アメリカの国民の大半は
    広島長崎の原爆以外にも、米軍が日本の主要都市を根こそぎ焼き払ったことを知らない。

    また、暗部を描くことがあっても
    「戦争とはとても残酷なものです」という感じで、一般論化して
    自身の戦争犯罪を問う声も少ない。
    何が言いたいかというと、日本は自虐的すぎるくらい自虐的なんだから
    映画でまで自国叩いてどうすると。
    逆にアメリカは傲慢すぎるからたまに映画で叩くくらいやって丁度いい。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 01:44 ID:aA.h0eBS0
  230. 鉄砲の玉の精度悪すぎで
    銃ぶっぱなしたら暴発で自分が死んだとか結構あったらしいね
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 01:44 ID:TbvTqGY30
  231. ※228
    アメちゃんにかんしては勝ち戦だったし大義のある戦争と信じて疑ってないみたいだし、そこから来る余裕があるから個々の非道行為を表現できるんだと思うよ
    米本土の山林に焼夷弾を落した日本海軍のパイロットを戦後勇敢だとして表彰した例もあるくらいだからな
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 01:55 ID:IoHStTDA0
  232. >1の動画見て騒いでる奴は素人
    この動画の戦闘は千人ほどの日本兵(重装備は殆ど無し)が
    1万人の米海兵他の防御陣地に攻撃かけてる場面
    日本兵が神憑り的な活躍をしても攻撃は失敗するレベル
    こんな感じで甘々な見積の元に攻撃かけて痛い目見るのはどこでもある話
    その後も前も修正出来なかった日本軍の上層部を援護する気は全くないが
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 02:08 ID:RW4po6Vu0
  233. 思ったんだが、アメリカの映画なんかで取り上げられる戦争犯罪って
    誤爆(要するにミス)とか、ゲリラ戦で疑心暗鬼に陥って虐殺とか
    「仕方なかった系」「個別ケース系」が異様に多いと思う。

    要するに、対日無差別爆撃で住民もろとも都市を焼却したみたいな
    「組織ぐるみの数十万単位の虐殺」は、ほぼ取り上げられない。

    これはおそらく、前者はアメリカ軍の問題と言うより半分が個人の問題にできるけど
    後者は米軍という組織の方針として、日本の民間人を虐殺したわけだから
    正直取り上げたくないのだと思う。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 02:13 ID:aA.h0eBS0
  234. ※227
    >それでも、兵士が死に過ぎじゃないかなあとは思うけどね。
    陸戦じゃ防御側が有利だということを考慮してくれ
    欧州でも太平洋でも米軍は防御陣地に攻撃をかけるわけだから
    損害が多めになるんだよ
    油断とかで必要以上の損害を受けたこともあるけど
    そこまでひどい戦い方をしたわけじゃない
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 02:18 ID:RW4po6Vu0
  235. ちなみに、当時の日本政府の対応にも功罪はあるんだが
    偏向した教育と報道のせいで、人でなし・民間人見殺し政府みたいな
    イメージになってしまってる。実例としては

    誤)「政府は隣組で市民に防火をさせ、結果逃げ遅れて大惨事になった」
    →そもそも都市を一晩で住民ごと焼却する空襲など
     1945年2月のドレスデンと3月の東京大空襲まで行われなかったため
     軍需施設が空襲された際、延焼した場合の対応として市民も考えていた。
     要するに日本(及び当時の世界)の常識からしても
     一晩で都市を焼き払う米軍の空襲が常軌を逸していたということ。
     東京大空襲以降、同規模の爆撃でも死者が極端に減った理由は
     米軍による大量虐殺を目の当たりにした国民が、消火を諦めて
     街の外まで逃げるようになったから。

    誤)「日本は北朝鮮みたいな国だった。空襲による国民の犠牲をなんとも思っていなかった」
    →空襲が本格化する前から大規模な学童疎開で子供を守ろうとした。
     (北朝鮮が学童疎開するか?平時でも国民殺してる国が?)
     結果、都市に残ったのは親元を離れられない幼児が多かった。
     小学生は低学年のみ。そこに米軍が焼夷弾をばらまいた。
     広島原爆の爆心地から200メートルの小学校には、低学年児童しかいなかった。

    当時ってある意味戦乱の世界だったわけだけど
    それでも予測出来なかったくらい、東京大空襲をはじめとする
    米軍の虐殺が常軌を逸していたんだよ。

    日本軍もダメダメなとこ多いけど、こんな当時の米軍を褒め称えるとか感覚おかしいわ。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 02:27 ID:aA.h0eBS0
  236. 戦前戦中の日本を完全否定するのは、
    「俺ならそんな失敗しないね(キリッ」てな感じに現代日本人の油断につながる気がする
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 02:28 ID:EDth.YCK0
  237. 完全否定するつもりはないが、この※欄にあるように「あの戦争は聖
    戦だった」と言わんばかりの意見にはツッコミを入れたくなってしま
    うな
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 02:43 ID:IoHStTDA0
  238. 勉強すればするほど「なぜ開戦したのか?」がわからなくなるのが太平洋戦争
    南方の石油云々は理由にすらならん
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 02:47 ID:WexvhVy.0
  239. 最初から最後まで兵站を軽視してたよな
    援助うけてるとはいえ中国相手に攻めきれなかったのもダメだし
    at 2012年03月01日 04:20 ID:mYQeyZbJ0
  240. 北の満州、西の中国大陸そして東の太平洋ハワイ方面、しまいにゃ南の東南アジア諸国方面
    ところかまわず手を出して空っぽの本土襲われてあえなく自滅
    ほんと何がしたかったのだろう軍上層部のボケカス
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 04:26 ID:5TouEDaDO
  241. 選民思想+宗教+自己暗示=軍部だな。あいつらシュミレーションすら俺らつえーからこの攻撃当たらないとか言っちゃう駄目幹部だし。
    日本の軍幹部は脳筋すぎる at 2012年03月01日 04:35 ID:qwiyd.YzO
  242. オレが思うに右派は戦争に向き合う分、比較的冷静に非戦戦略を構築してる
    一方、左派は戦争から顔をそむけるため、知らないうちに戦争を手繰り寄せてる

    相手がいるから戦争になるのにな。防衛思想ってのは戦争を回避するために
    絶対必要なのに。

    現実逃避すると大戦前夜と変わらない状況になり、結局やらなきゃやられる
    状況を自ら作り出して、日本人ならもう一度戦う選択をするだろうね



    もみあげる名無し at 2012年03月01日 05:50 ID:RVDqWsiN0
  243. 戦争には相手がいる。
    だからどんな戦略も自分達の思い通りに運ぶとは限らない、始めた戦争も自分達のタイミングで終結させることは困難。
    これが一番の肝
    なのに開戦時点で軍部はこの肝が頭からすっぽり抜け落ちてた。冒してはならない間違い戦を始めた時点でしていた。
    その後軍部が考え実践した戦略は肝なしの繕い戦略でしかない。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 06:13 ID:U29Aagj8O
  244. 過去に大罪を犯した日帝と日本人は外国に謝罪もせずに逃げている負け犬なんだねぇオマエら2ちゃんねる島の野良犬負け犬クズネラー共と同じあばばばばバーカな屑なんだねぇひゃっひゃっ
    信心すれば大勝利ハート
    明日へ導く創価学会ハート
    アッキー at 2012年03月01日 06:24 ID:jx.dsdTlO
  245. 正直どうでもいい
    ゆとり at 2012年03月01日 07:49 ID:ujtUns7Y0
  246. そうだね
    強かったかもしれない
    でも今の時代日本兵なんていないんだよね
    強かった日本兵達も何の為に戦ってきたんだろうね
    少なくとも日本人同士の頭の悪い争いなんて望んでなかっただろうなあ
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 07:59 ID:Un.biCK10
  247. やっぱ当時の日本はダメダメだわ
    自国兵士を大切にしない軍隊は愚か
    兵士がかわいそうでならない
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 08:02 ID:TgCnXsn40
  248. 上は何を思って戦争したのかは知らん
    だが下の人間は国を思って散っていった人も多かったろう
    結果は敗戦ではあったが、今さら戦死者を嘲笑う事は先祖を嘲笑う事だ。
    ただ我々は死者を悼み、二度と戦争が起きないように、そして目下の所は他国からの侵略が決して行われないようにしたいものだね。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 08:58 ID:jncCNGZs0
  249. 自分からすると、自国兵士の被害減らすために敵国の市民を数十万単位で都市ごと焼き殺す国家も、負けず劣らずクズ国家なんだけどな。
    戦争の建前が兵士対兵士な以上、こっちのがルール違反の正真正銘の外道なんだが。
    アメリカは当事者だから勝者の論理で正当化するのがある意味当然なんだろうが、それに迎合して、日本が悪いから空襲されたとか言う日本人の多いこと考えると、ウォーギルトインフォメーションは大成功したんだなと思う。
    名無し at 2012年03月01日 10:34 ID:BVjLo0jN0
  250. 戦没者遺族の感情って結構複雑なんだよな。
    だから、右の人も左の人も一方的な価値観を押し付けるのはやめてやってほしい。
    例えば、
    「戦死者のことを考えると、その死が無駄だったと思いたくない。貴重な犠牲を払ったと思いたい。英霊として讃えるべき」
    と考える人と
    「戦死は無駄死にだった。だからこそ、もう2度と無駄死にさせてはならない。再び戦争への道を歩む・戦争に巻き込まれることがないような社会にしなきゃならない」
    と考える人がいたとする。
    どっちも間違いだって責められないだろ。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 10:53 ID:IMZPVXZu0
  251. 淡々と事実を多方面から募って
    立体的に浮かび上がらせて

    様々な視点が上手に合わさる所が最も合理的
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 11:52 ID:gEqIyppw0
  252. 序盤は善戦してたんだけどな。
    独日固まってたらどうなったかわからんな。
    ななし at 2012年03月01日 13:35 ID:BDeiaH1q0
  253. せめて引き分けてたら、朝鮮半島・中国・モンゴル・東南アジア・フィリピン・インドネシアあたりまで国内旅行で行けたのか。
    想像すると胸が熱くなるな。

    …てか、なんでわざわざアメリカと戦争したんだ?
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 15:30 ID:1fEFZY9k0
  254. 原爆の事でいろいろいってるやついるけど、
    それは「今」だから言えるわけで「当時」にそこまで詳しい事判ってるはずないだろw
    「新型爆弾」なんだから、放射能の危険性なんてそこまでわかるはずがない。
    そのときの実験と経緯を含めてようやくわかったんだから。

    植民地主義の終焉とか言っても、
    実際に植民地持ってたイギリスとフランス、オランダが戦ってたのは
    ドイツで、国力を削られたのもドイツのせい。
    だから結果的には日本が何もしなくても植民地は独立しただろう。
    それが何年か遅れる事はあったろうが。

    人種差別についても同等。
    アメリカの人種について変わろうという兆しがでたのはそもそも70年代だし。
    戦争一切関係ない。
    というか、戦争当時で「奴隷」とか言ってる奴何考えてるんだ?

    ついでに一般国民への攻撃については、「国家総動員令」が攻撃の正当性を認めるものという説もある。
    国が国民に軍への積極的協力を命令したものだし、準軍事的存在と見ることもできるから。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 16:04 ID:jNmmnC.H0
  255. おお
    伸びる伸びるw

    そんなに言いたい事あんなら本スレ行けば良かったじゃんwwwwww
    at 2012年03月01日 16:26 ID:FC0CjrwpO
  256. たぶん言いたいっても※255ほどには熱心ではないと思う
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 17:52 ID:HpEZW6rD0
  257. 新型爆弾として情報が少なかったのは日本側だけじゃん。
    アメリカ側は、核分裂利用した爆弾の時点で放射線が放出されること分かり切ってるわけだし(作った物理学者が核分裂で放射線出ること知らないやけね〜だろ)
    分からなかったのはどの位の影響が出るかって臨床データとか程度の問題な、わけで。

    あと総動員法を口実に虐殺肯定すんのって加害側の詭弁みたいなもんなんだが、それに日本人が乗っかってアメリカ庇うことに何の利益があんの?
    アメリカの尻舐めるのおいしい?
    美味いか? at 2012年03月01日 20:27 ID:BNCMWSej0
  258. 別にアメリカのケツを舐めるつもりはないが、
    「原爆投下がなければ日本はもっと悲惨だった」
    に感情論抜きで反論するのは難しい
    日本は女・子供にまで竹槍を持たせ、肉弾攻撃させてまで最後まで闘うつもりだったんだから
    終戦が送れれば北海道にソ連が攻めてきただろうし
    沖縄戦以上の地獄が日本のあちことで繰り広げられてただろうな
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 20:43 ID:emEjbaPx0
  259. 日本兵に大量虐殺なんて出来るわけねえ
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 21:27 ID:to9nau110
  260. >「原爆投下がなければ日本はもっと悲惨だった」

    無意識にアメリカの尻を舐めたくなる
    「ウォーギルトインフォメーション」から生まれた発想なんだよね、それ自体が。

    原爆投下も確かに戦争終結の要因の一つであるだろうが
    それだけではない。
    海上封鎖で物資的に限界まで困窮させていた上に
    日本がソ連に和平仲介を申し出ていた事実もアメリカは無視した。

    アメリカは原爆の開発に莫大な国家予算をつぎ込んでいた上
    戦後に世界の覇権を握るため、原爆を実戦使用した上で
    人体実験のデータを収集する必要があった。

    それらを誤魔化し、なおかつ正当化するための文言が
    「原爆は他の多くの日本人の生命を救った」
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 21:39 ID:aA.h0eBS0
  261. アメリカの政治家でこんな言葉残してる人もいるみたいだし

    「アメリカはこの戦争を外交的手段で終了させられた。原爆投下は不要だった。日本の犠牲はあまりにも不必要に巨大すぎた。私は東京大空襲において、同僚達と、いかにして日本の民間人を効率的に殺傷できるか計画した。その結果一晩で女子供などの非戦闘員を10万人焼き殺したのである。もし戦争に負けていれば私は間違いなく戦争犯罪人となっていただろう。では、アメリカが勝ったから、それらの行為は正当化されるのか?? 我々は戦争犯罪を行ったんだ。一体全体どうして、日本の67の主要都市を爆撃し、広島・長崎まで原爆で、アメリカが破滅させ虐殺する必要があったというのか。」
    ロバート・マクナマラ ケネディ政権国務長官 元世界銀行総裁

    戦争早期終結させたって観点も、人体実験の観点も
    いろんな見方が確実に存在するわけで
    少なくとも日本人がわざわざ「戦争を早く終わらせてくれてありがとう!」
    とかケツを舐めに行く必要は全くない。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 21:41 ID:aA.h0eBS0
  262. ※258
    アメリカにすりゃ原子爆弾作って落っことすとこまでできる人達が竹槍ごときの無能さくらいわかるだろう?そういうところはわからなかったとでも?
    日本にしたって竹槍ごときで本気で闘うつもりでいたとでも?竹槍持たされてた婆ちゃん世代に会って聞いてみろよ
    あんなもん何の役に立たないのわかってて訓練つきあってただけだっての
    地上で竹槍えいっ!やぁ!やったところで上空から編隊組んだ大きな飛行機がバラバラ爆弾落っことして町が丸焼けになるの体験してる人達だぞ
    日本人そのものバカにしてるのか?
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 21:55 ID:Xvio6pegO
  263. アメリカに感謝するつもりはない
    "一億層玉砕"という当時の狂気を止めるには、それ以上の狂気が必要だったということだよ
    もちろん新兵器の実験という側面やソ連への牽制の事実も俺は否定しないよ

    日本は皇室と大本営を松代の地下基地に疎開させてまで闘うつもりでいた
    子供や婦女子まで駆り出して、地雷もろとも戦車の下敷きになる訓練までしていた
    実際にそういう粗製濫造の部隊と正規の部隊の特攻で、九州・関東に上陸した米兵を撃退するという作戦計画を立案してたんだから
    正直ここまでくると狂ってるとしかおもえなくて恐ろしいよ
    この「精強なる日本軍」は海上封鎖や戦略爆撃では根をあげそうになかった
    アメリカの経済の専門家が何か言ったところでたくさんある意見の一つに過ぎないしな
    原爆そしておそらくそれにプラスしてソ連参戦もあったことで御聖断があったということ自体は歴史的事実でしょ
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 22:22 ID:j9FtSXmV0
  264. ※262
    竹槍で爆撃機を落そうとしてたというのはジョークの類でしょ
    でもひとたび本土決戦となれば竹槍で米兵を突き刺そうとしてたフシはあるよ
    もちろんまともな感覚なら米兵に通用しないことが解るだろうけど、時代の狂気がそうさせたんだろうな
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 22:35 ID:j9FtSXmV0
  265. >>263
    一億玉砕とか撃ちてし止まんって、あれキャッチフレーズだから。
    「ライジング ライジング ライジングサン!!」みたいな
    士気高めるための。

    実際は、アメリカに原爆賛成派と反対派の双方がいたように
    日本政府にも、ソ連に和平仲介を求めたり
    戦争終結を模索する政治家がいたんだよ。
    1945年7〜8月は、もはや後はどう着陸するかって局面。

    ポツダム宣言黙殺に関しても、日本が渋るの見越して
    一度目は「国体の護持」を条件から外して提示して、
    原爆二発投下したのちにご丁寧に国体の護持を保証して降伏させてるから。

    どうしても原爆落としたかったんだねって。
    てかあなたの書き込み、「日本は狂気の悪の帝国!!」みたいな
    凝り固まった発想でちょっと異様だと思う。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 22:38 ID:aA.h0eBS0
  266. 日本が狂ってたから、主要都市を人口が多い順に住民ごと焼き払って
    朝の通勤時間帯に市街地の中心部(住宅街の真上)に
    核爆弾投下しても当然だとね。その価値観のが狂ってるわな。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 22:43 ID:aA.h0eBS0
  267. ※265
    沖縄戦を見てるととても一億玉砕がただのキャッチフレーズとは思えないよ
    "皇軍の鉄の意志"を舐めない方がいい

    >凝り固まった発想でちょっと異様だと思う
    すでに日本軍は特攻まで採用してるんだぜ?
    この戦法など立案者自身が「統率の外道」とまで言い切ってていて、指揮官から見ても下策だとわかってるのに日本の精神主義もあってそれは採用された
    そこから類推すると一億層玉砕はとても単なるスローガンとは思えない
    沖縄やサイパンのバンザイクリフみたいな悲劇が再現されたと考えるのは不思議じゃないと思うけどな

    本土決戦というワードで調べて貰えれば解るとおもうけど、徴用した「国民軍」を手駒として使う計画が大本営で練られたたのは事実なんだよ
    皇室の疎開のために専用の車両まで準備されてた
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 22:52 ID:j9FtSXmV0
  268. >沖縄やサイパンのバンザイクリフみたいな悲劇

    昔から図書室で相当本とか読んでたんだけど
    沖縄戦に関しては、自殺した県民には
    「残虐極まりない米軍への極限の恐怖」が理由なのが相当数いたみたいだよ。

    左寄りの人って、よく「日本軍が自決を強要した!赤ちゃんの鳴き声がうるさいと殺した!」って
    日本のほうが県民殺したみたいに吹聴してるけど、
    実際は米軍の県民虐殺が凄まじかったから。

    畳一畳に数発の無差別艦砲射撃しながら
    夜間は照明弾を定期的に上げて、浮かび上がった避難民を機銃掃射
    米軍の砲弾で、背中に背負った赤ちゃんの頭がなくなっているのに気づかずに
    地面を這って逃げる母親。
    壕という壕に手榴弾や火炎放射、毒ガス弾。
    降服した女子供を射殺。すさまじいから。
    そんなの目の当たりにしたら、降伏したら皆殺しにされるって思い込んで
    自殺する人も大勢出るわ。

    バンザイクリフも同様だから。
    よく映像で出る、日本人女性が飛び降りるビデオは
    米兵が銃突きつけて追い込んでる場面だから。
    他にも滑走路に日本人の子どもや老人集めてガソリンで燃やしたとか
    赤ちゃんを股裂きにして焚き火に投げ込んだとか、上げればキリがないレベル。

    んで、殺された人の証言は残らないから
    運良く助けられた人の都合の良い証言のみが「人道的な米軍」の宣伝に使われる。

    特攻に関しても、遺書で
    「毎日空襲で怖いでしょう。お兄ちゃんが敵艦を沈めてくるからね」
    というのが残ってる。鬼畜の所業で民間人殺しまくって反感買っといて
    「日本人は狂信的な敵意を燃やしている!」とかどんだけ自分勝手な言い分なのと思う。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 23:00 ID:aA.h0eBS0
  269. >「残虐極まりない米軍への極限の恐怖」が理由なのが相当数いたみたいだよ
    でもそれじたいがプロパガンダだったわけでしょ?
    生きて虜囚の辱めを受けずの空気を民間人まで感じ取ってしまったのもある
    民間人虐待がゼロとはいわないけど、喧伝されてたほどひどくないのが実態だろうし

    >よく映像で出る、日本人女性が飛び降りるビデオは
    >米兵が銃突きつけて追い込んでる場面だから。
    それは嘘か勘違い
    実際は通訳の米兵が、身の安全は保証するとメガフォンで呼びかけてるのに上で言ってる理由で飛び込んでしまった

    俺も個々の特攻隊員については悪く言うつもりはないけど、そういうのを下策とわかっていながら強いた・もしくは志願させざるを得ない空気を醸成した軍のエラいさんは愚かだと思うね
    隊員のピュアさに隠れて、軍部の愚かさが薄められてしまうのを俺は見逃したくない
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 23:13 ID:j9FtSXmV0
  270. 日本は自国の軍を基準にするから、民間人は何をされるかわからない
    という発想になるんでしょ
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 23:19 ID:j9FtSXmV0
  271. >でもそれじたいがプロパガンダだったわけでしょ?
    実際に、米軍で投稿した日本人捕虜をとらないで
    皆殺しにしてる部隊とか普通にいるから。

    無差別爆撃に関しても、計画的な都市空襲以外に
    四六時中戦闘機が飛んできて、野良仕事の婆さんとか
    登下校の子供とか撃ちまくってるんだけど。

    非武装の中央本線の列車とかも、警報でトンネルに逃げ込んだのを
    トンネルからはみ出てた車両を撃ちまくって乗客殺したりしてるし。

    こんだけ軍民問わず殺しまくってるのが事実なのに
    「米軍が残虐っていうのがプロパガンダ」とかどんだけケツ舐めれば気が済むの?

    >日本は自国の軍を基準にするから、民間人は何をされるかわからない

    逆だから。特に空襲に関しては
    事実上の無差別爆撃になった重慶を除いて、基本的に
    都市を丸ごと住民ごと焼き払うような空襲を日本軍は行ってないから
    街丸ごとを焼き払うなんてさすがにやらないだろうと、
    それを基準にして防火対策(隣組の消火活動)してたら
    3/10の東京大空襲で、いきなり街ごと米軍に焼き払われ10万人の死者が出てる。
    もみあげる名無し at 2012年03月01日 23:29 ID:aA.h0eBS0
  272. >「米軍が残虐っていうのがプロパガンダ」とかどんだけケツ舐めれば気が済むの?

    非人道的な爆撃が行なわれたことくらい知ってます
    ここでは地上戦における民間人の処遇のことを話してる
    日本人捕虜の話を混ぜてるけど、流石に民間人を皆殺しにしたケースは見あたらなかったみたいだね

    実際にプロパガンダによって必要以上に日本人がおびえたケースはある
    終戦後、米兵によって婦女子は片っ端から強姦されるといことで人々はおびえたって言う証言があるし
    ふたを開けてみればそこまで酷くなかったのが現実でしょ?
    沖縄戦にしても、県民ははじめから米軍に投降してればあそこまでの悲劇にはなかったのは事実なんだからさ
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 00:40 ID:2TY5g.NX0
  273. ちなみにサイパン戦での一般人の大規模な自決は、本土への大規模・無差別爆撃より以前に起こってしまった
    空襲とは関係なくプロパガンダと疑心暗鬼で米兵への恐怖心が植え付けられていた証拠だろうな
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 00:50 ID:2TY5g.NX0
  274. サイパン戦に関しては、確かに本土爆撃が始まるはるか前だな。
    (そもそもサイパンからB29が飛び立ってたわけだし)

    公平に見ると、戦陣訓による「生きて虜囚の辱めを受けず」と
    事前に「鬼畜米英」って教え込まれてたのが、大規模な自決につながった部分と
    実際に米軍が無差別砲撃・爆撃・射撃を繰り返して
    民間人を実際に恐怖に陥れたのの双方が原因なんじゃないの。

    あなたの言い分を見ていると
    「米軍は投降さえすれば無条件に助けたのに、日本政府の教えのせいだけで
     大勢死んだ」と、日本にばかり責任を押し付けているようにしか見えない。

    実際、沖縄戦でもそうだったんだけど
    米軍のやり方って
    「無差別砲撃・爆撃・射撃で一面の動くものを殺し尽くしてから
     生き残りがいたら保護してやってもいいか」くらいの戦法なんだよ。
    サイパンや沖縄から非戦闘員(特に子供)の疎開が進まなかった要因は
    船舶を軍民問わず撃沈して、疎開しようとした民間人が大勢殺されてたからだし。

    日本軍のやり方とか、民間人に対する戦陣訓とかは
    今の価値観で見るとたしかに異常に見えるだろうけど
    無差別砲撃で手当たり次第殺しまくりながら
    「おとなしく降伏すれば助けます」って言われたってそう簡単に出れないでしょ。
    殺しまくってるの目撃してんだから。
    軍民問わず殺しまくってる米軍のやり方も、日本に負けず劣らず最低だよ。
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 01:01 ID:FfAloKe80
  275. 一億玉砕うんぬん言い出してるアホいるけど
    日本全体がそんな動いきしてなんかない、そう吹聴してただけ
    真剣だったのは国民に吹聴しながら自分達が逃れる方法模索してた軍上層部のヘタレバカだけだよ
    天皇を逃がすとかもっともらしい口実つけてね
    そのヘタレバカとその他多くの国民一括りにもの考えてるなよ
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 02:33 ID:9fwCg.fxO
  276. 神風特攻までするようなお国柄なんだから、一億総玉砕もさもありなんとあっさり受け止めたのは俺ぐらいなの?
    そりゃスローガンには違いないけど、戦力不足を補うために若年層や兵士としては年を取りすぎた中年層まで根こそぎ動員をかけたの事実だよ
    一億人を戦力化しようとしたわけではないと思うよそりゃw
    ただ沖縄戦を見ればわかるように、民間人も道連にされてた可能性は高い

    >真剣だったのは国民に吹聴しながら自分達が逃れる方法模索してた軍上層部のヘタレバカだけだよ

    そうだね。そして自分達は奥に引きこもっていながら特攻の指令をだしてたわけだ
    そういうい腐った上層部だけに国民に多大な犠牲を強いることは想像に固くないと思うけどな
    良くも悪くもお上に従順な国民はそれに従っただろうね


    もみあげる名無し at 2012年03月02日 03:01 ID:2TY5g.NX0
  277. http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%BB%A3%E5%A4%A7%E6%9C%AC%E5%96%B6%E8%B7%A1
    松代大本営
    太平洋戦争末期、日本の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町など(現在の長野市松代地区)関連施設は善光寺平一体に造られたため「一大遷都」計画であった。
    象山地下壕には政府、日本放送協会、中央電話局、舞鶴山地下壕付近の地上部には、天皇御座所、皇后御座所、宮内省(現在の宮内庁)として予定されていた建物が造られ現在も残っている。


    当初の予定では最後まで徹底抗戦する構えだった証拠がまさにこれ
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 03:10 ID:2TY5g.NX0
  278. >日本全体がそんな動いきしてなんかない、そう吹聴してただけ
    >真剣だったのは国民に吹聴しながら自分達が逃れる方法模索してた
    軍上層部のヘタレバカだけだよ

    ヘタレだろうがバカだろうが、上が命令すれば下は従わざるを得ないのが組織ってものでしょ
    当時の日本を動かしてたのは軍で、国民もその取り決め
    には逆らえない
    なんせ法律を作っちゃうんだから従わないと処罰されちゃう
    憲兵や特高の監視もある
    全体主義国家の恐ろしさだな
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 03:44 ID:2TY5g.NX0
  279. ※277
    単に軍の一部が決死隊として籠もってやりたかった事
    その証拠が残っているだけじゃない?
    at 2012年03月02日 03:46 ID:W0BjrZIoO
  280. ※279
    決死隊といえば小規模なイメージだけど、松代大本営はそんななまっちろいもんじゃないよ
    爆撃に絶えられる地下施設を作りそこに大本営・官庁・皇居を移して
    抵抗のための指令を出そうっていうんだから、国家プロジェクトじゃないとありえない
    つーかリンク先見てないのが丸わかりだな四の五の言わずに見れば?w
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 03:57 ID:2TY5g.NX0
  281. 帝都を放棄するのは既定路線だったのか
    なんだかなあ
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 04:06 ID:2TY5g.NX0
  282. ※280
    ちなみにその松代自分自身で訪ねた事あるのかい?
    四の五の言わずにリンク先見ろと言うだけなら簡単だけど…
    at 2012年03月02日 04:19 ID:B2wn1jJ5O
  283. 訪ねたことはないけどね
    ※282は今まで知らなかったから信じられないみたいだけど、俺みたいな軍オタにとっては昔から知られた有名な歴史的事実です
    万里の長城を訪ねたことはないけど、その存在を疑ってないのと一緒
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 04:35 ID:2TY5g.NX0
  284. ※283
    象山地下壕知らなかったわけじゃないよ
    こちらはオタまで言わないけど歴史好きだから…
    信州松代はあの六文銭真田家ゆかりの地であり、幕末の思想家佐久間象山の地でもあるし
    ちなみに佐久間象山は兵学家としても名を知られているはずだけど…
    百聞は一見にのような行ってなんぼだと思っている口だから松代には行ってるよ
    その上であの発言したんだよ、あくまでも個人的な意見でね
    at 2012年03月02日 05:12 ID:rHFhbdjMO
  285. 欲しがりません勝つまではとか、贅沢は敵だって、たしか新聞とかマスコミが出したキャッチだった記憶が。
    当時は各国が対戦国の人間を貶して戦意高揚するキャンペーン張ってたのに、日本だけが狂ってるみたいに言われても公平さに欠け過ぎる。
    名無し at 2012年03月02日 10:55 ID:.rO4cB.R0
  286. 当時の日本の場合はキャッチコピーがそのまま現実だっただろ
    一般国民が極端な物資不足に喘いでたのは事実なんだから
    もみあげる名無し at 2012年03月02日 19:42 ID:GKerK3FA0
  287. 欲しがりませんとか勝つまでは
    日々の煮炊きに使うお釜まで供出させちゃ
    仮に欲しがったところで煮炊きできねーんだよ
    食えねーんだよ
    そこまでされたら庶民は勝てるなんて誰も思わねーつーの
    もみあげる名無し at 2012年03月03日 04:48 ID:ZJlkzJwHO
  288. ガダルカナルは指揮もアホ。
    ただ突撃するだけだった。
    補給もままならず、戦死より餓死、病死のほうが多かったから撃たれて死ぬほうがマシだったかも。
    その後はパラオでも硫黄島でもアメリカ軍を苦しめたけどね。
    楽勝だと思っていたのに、アメリカ軍の死傷者が予想以上だった。
    昔があるから今がある at 2012年05月14日 17:23 ID:B4cFu5tV0
  289. アメリカ人が作ったんだからアメリカ人がかっこよく見えるように作るだろ、普通。
    完全なる事実なんて当事者にしか解らないんだからそれとは違う。ってゆう事は頭に入れて見るべきだと思う。
    現にイラク戦争と同じ時代に生きつつもその全ての事実、善悪を理解している人はどれほど居るだろうね?
    間接的にしか得られない情報なんていくらでも操作できるだろうよ
      at 2012年05月15日 15:43 ID:vui4z9RYO
  290. ガキのときはたいして不思議に思わんかったが、
    たしかに日本を嫌いになるよう仕向ける恣意的な教育だったな。

    外人がなぜゼロ戦とか武士道をあれほど持ち上げるのか、
    大学受験で本格的に日本史学ぶまで理解できんかった。

    ていうか日教組ってほとんど宗教じゃねえの?
    なんであんな歪んだのが大手を振って強い影響力持ってるのかね。
    本来の理念なんかとっくに見失った、惰性で利権を維持してるだけの団体にすぎない分際で。
    もみあげる名無し at 2012年07月03日 15:52 ID:BNV6dFed0