2010年08月26日

今敏の遺書がすごすぎる件・・・

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:38:23.37 ID:s1cI0XUL0

http://konstone.s-kon.net/modules/notebook/archives/565


2010年8月25日(水曜日)
さようなら

忘れもしない今年の5月18日。
武蔵野赤十字病院、循環器科の医師から次のような宣告を受けた。
「膵臓ガン末期、骨の随所に転移あり。余命長くて半年」
妻と二人で聞いた。二人の腕だけでは受け止められないほど、唐突で理不尽な運命だった。
普段から心底思ってはいた。
「いつ死んでも仕方ない」
とはいえあまりに突然だった。

確かに兆候はあったと言えるかもしれない。その2~3ヶ月前から背中の各所、脚の付け根などに強い痛みを感じ、右脚には力が入らなくなり、歩行にも大きく困難を生じ、鍼灸師やカイロプラクティックなどに通っていたのだが、
改善されることはなく、MRIやPET-CTなどの精密機器で検査した結果、いきなりの余命宣告となった次第である。
気がつけば死がすぐ背後にいたようなもので、私にはどうにも手の打ちようもなかったのだ。





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:38:33.45 ID:s1cI0XUL0
宣告の後、生き延びるための方法を妻と模索してきた。それこそ必死だ。
頼もしい友人や強力この上ない方の支援も得てきた。抗ガン剤は拒否し、世間一般とは少々異なる世界観を信じて生きようとした。「普通」を拒否するあたりが私らしくていいような気がした。
どうせいつだって多数派に身の置き所なんかなかったように思う。医療についてだって同じだ。現代医療の主流派の裏にどんなカラクリがあるのかもあれこれ思い知った。
「自分の選んだ世界観で生き延びてやろうじゃないか!」
しかし。気力だけではままならないのは作品制作とご同様。
病状は確実に進行する日々だった。

一方私だって一社会人として世間一般の世界観も、半分くらいは受け入れて生きている。ちゃんと税金だって払ってるんだから。立派には縁遠いが歴とした日本社会のフルメンバーの1人だ。
だから生き延びるための私的世界観の準備とは別に、
「ちゃんと死ぬための用意」
にも手を回してきたつもりだ。全然ちゃんと出来なかったけど。
その一つが、信頼のおける二人の友人に協力してもらい、今 敏の持つ儚いとはいえ著作権などの管理を任せる会社を作ること。
もう一つは、たくさんはないが財産を円滑に家内に譲り渡せるように遺言書を作ることだった。
無論遺産争いがこじれるようなことはないが、この世に残る妻の不安を一つでも取り除いてやりたいし、それがちょいと向こうに旅立つ私の安心に繋がるというもの。

手続きにまつわる、私や家内の苦手な事務処理や、下調べなどは素晴らしき友人の手によってスピーディに進めてもらった。
後日、肺炎による危篤状態の中で、朦朧としつつ遺言書に最後のサインをしたときは、とりあえず、これで死ぬのも仕方ないと思ったくらいだった。
「はぁ…やっと死ねる」
なにしろ、その二日前に救急で武蔵野赤十字に運ばれ、一日おいてまた救急で同じ病院へ運ばれた。さすがにここで入院して細かい検査となったわけだ。結果は肺炎の併発、胸水も相当溜まっている。
医師にはっきり聞いたところ、答えは大変事務的で、ある意味ありがたかった。
「持って…一日二日……これを越えても今月いっぱいくらいでしょう」
聞きながら「天気予報みたいだな」と思ったが事態は切迫していた。
それが7月7日のこと。なかなか過酷な七夕だったことだよ。


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:38:42.92 ID:s1cI0XUL0
ということで早速腹はきまった。
私は自宅で死にたい。
周囲の人間に対して最後の大迷惑になるかもしれないが、なんとしてでも自宅へ脱出する方法をあたってもらった。
妻の頑張りと、病院のあきらめたかのような態度でありつつも実は実に助かる協力、外部医院の甚大な支援、そして多くの天恵としか思えぬ偶然の数々。
あんなに上手く偶然や必然が隙間なくはまった様が現実にあるとは信じられないくらいだ。「東京ゴッドファーザーズ」じゃあるまいし。

妻が脱出の段取りに走り回る一方、私はと言えば、医師に対して「半日でも一日でも家にいられればまだ出来ることがあるんです!」と訴えた後は、陰気な病室で一人死を待ち受けていた。
寂しくはあったが考えていたのはこんなこと。
「死ぬってのも悪くないかもな」
理由が特にあるわけもなく、そうとでも思わないといられなかったのかもしれないが、気持ちは自分でもびっくりするほど穏やかだった。
ただ、一つだけどうしても気に入らない。
「この場所で死ぬのだけは嫌だなぁ…」
と、見ると壁のカレンダーから何か動き出して部屋に広がり始めるし。
「やれやれ…カレンダーから行列とはな。私の幻覚はちっとも個性的じゃないなぁ」
こんな時だって職業意識が働くものだと微笑ましく感じたが、全くこの時が一番死の世界に近寄っていたのかもしれない。本当に死を間近に感じた。
死の世界とシーツにくるまれながら、多くの人の尽力のおかげで奇跡的に武蔵野赤十字を脱出して、自宅に辿り付いた。
死ぬのもツライよ。
断っておくが、別に武蔵野赤十字への批判や嫌悪はないので、誤解なきよう。
ただ、私は自分の家に帰りたかっただけなのだ。
私が暮らしているあの家へ。

少しばかり驚いたのは、自宅の茶の間に運びこまれるとき、臨死体験でおなじみの「高所から自分が部屋に運ばれる姿を見る」なんていうオマケがついたことだった。
自分と自分を含む風景を、地上数メートルくらいからだろうか、ワイド気味のレンズで真俯瞰で見ていた。部屋中央のベッドの四角がやけに大きく印象的で、シーツにくるまれた自分がその四角に下ろされる。あんまり丁寧な感じじゃなかったが、文句は言うまい。


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:38:52.26 ID:s1cI0XUL0
さて、あとは自宅で死を待つばかりのはずだった。
ところが。
肺炎の山を難なく越えてしまったらしい。
ありゃ?
ある意味、こう思った。
「死にそびれたか(笑)」
その後、死のことしか考えられなかった私は一度たしかに死んだように思う。朦朧とした意識の奥の方で「reborn」という言葉が何度か揺れた。
不思議なことに、その翌日再び気力が再起動した。
妻を始め、見舞いに来て気力を分け与えてくれた方々、応援してくれた友人、医師や看護師、ケアマネージャなど携わってくれている人すべてのおかげだと思う。本当に素直に心の底から。

生きる気力が再起動したからには、ぼんやりしているわけにはいかない。
エクストラで与えられたような命だと肝に命じて、大事に使わねばならない。
そこで現世に残した不義理を一つでも減らしたいと思った。
実はガンのことはごくごく身の回りの人間にしか伝えていなかった。両親にも知らせていなかったくらいだ。特に仕事上においては色々なしがらみがあり、言うに言えなかった。
インターネット上でガンの宣言をして、残りの人生を日々報告したい気持ちもあったのだが、今 敏の死が予定されることは、小さいとはいえ諸々影響が懸念されると思えたし、それがゆえに身近な知り合いにも不義理を重ねてしまっていた。まことに申し訳ない。

死ぬ前にせめて一度会って、一言でも挨拶したい人はたくさんいる。
家族や親戚、古くは小中学校からの友人や高校の同級生、大学で知り合った仲間、漫画の世界で出会い多くの刺激を交換した人たち、アニメの世界で机を並べ、一緒に酒を飲み、同じ作品で腕前を刺激しあい、楽しみも苦しみも分け合った多くの仲間たち、
監督という立場のおかげで知り会えた数知れないほどたくさんの人びと、日本のみならず世界各地でファンだといってくれる人たちにも出会うことが出来た。ウェブを通じて知り合った友人もいる。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:39:00.05 ID:s1cI0XUL0
出来れば一目会いたい人はたくさんいるが(会いたくないのもいるけれど)、会えば「この人ともう会えなくなるんだな」という思いばかりが溜まっていきそうで、上手く死を迎えられなくなってしまいそうな気がした。
回復されたとはいえ私に残る気力はわずかで、会うにはよほどの覚悟がいる。会いたい人ほど会うのがつらい。皮肉な話だ。
それに、骨への転移への影響で下半身が麻痺してほぼ寝たきりになり、痩せ細った姿を見られたくもなかった。多くの知り合いの中で元気な頃の今 敏を覚えていて欲しいと思った。
病状を知らせなかった親戚、あらゆる友人、すべての知人の皆さん、この場を借りて不義理をお詫びします。でも、今 敏のわがままも理解してやっていただきたい。
だって、「そういうやつ」だったでしょ、今 敏って。
顔を思い出せば、いい思い出と笑顔が思い起こされます。
みんな、本当にいい思い出をたくさんありがとう。
自分の生きた世界を愛している。
そう思えることそのものが幸せだ。

私の人生で出会った少なからぬ人たちは、肯定的否定的どちらであっても、やっぱり今 敏という人間の形成にはどこか必要だっただろうし、全ての出会いに感謝している。
その結果が四十代半ばの早い死であったとしても、これはこれとして他ならぬ私の運命と受け止めている。いい思いだって随分させてもらったのだ。
いま死について思うのはこういうこと。
「残念としかいいようがないな」
本当に。

しかし、多くの不義理は仕方ないと諦めるにせよ、私がどうしても気に病んで仕方なかったことがある。
両親とマッドハウス丸山さんだ。
今 敏の本当の親と、アニメ監督の親。
遅くなったとはいえ、洗いざらい本当のことを告げる以外にない。
許しを乞いたいような気持ちだった。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:39:07.23 ID:s1cI0XUL0
自宅に見舞いに来てくれた丸山さんの顔を見た途端、流れ出る涙と情けない気持ちが止めどなかった。
「すいません、こんな姿になってしまいました…」
丸山さんは何も言わず、顔を振り両手を握ってくれた。
感謝の気持ちでいっぱいになった。
怒涛のように、この人と仕事が出来たことへの感謝なんて言葉ではいえないほどの歓喜が押し寄せた。大袈裟な表現に聞こえるかもしれないが、そうとしか言いようがない。
勝手かもしれないが一挙に赦された思いがした。

一番の心残りは映画「夢みる機械」のことだ。
映画そのものも勿論、参加してくれているスタッフのことも気がかりで仕方ない。だって、下手をすればこれまでに血道をあげて描いて来たカットたちが誰の目にも触れない可能性が十分以上にあるのだ。
何せ今 敏が原作、脚本、キャラクターと世界観設定、絵コンテ、音楽イメージ…ありとあらゆるイメージソースを抱え込んでいるのだ。
もちろん、作画監督、美術監督はじめ、多くのスタッフと共有していることもたくさんあるが、基本的には今 敏でなければ分からない、作れないことばかりの内容だ。
そう仕向けたのは私の責任と言われればそれまでだが、私の方から世界観を共有するために少なからぬ努力はして来たつもりだ。だが、こうとなっては不徳のいたすところだけが骨に響いて軋んだ痛みを上げる。
スタッフのみんなにはまことに申し訳ないと思う。
けれど少しは理解もしてやって欲しい。
だって、今 敏って「そういうやつ」で、だからこそ多少なりとも他とはちょっと違うヘンナモノを凝縮したアニメを作り得てきたとも言えるんだから。
かなり傲慢な物言いかもしれないが、ガンに免じて許してやってくれ。


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:39:16.70 ID:s1cI0XUL0
私も漫然と死を待っていたわけでなく、今 敏亡き後も何とか作品が存続するべく、ない頭を捻って来た。しかしそれも浅知恵。
丸山さんに「夢みる機械」の懸念を伝えると、
「大丈夫。なんとでもするから心配ない」
とのこと。
泣けた。
もう号泣。
これまでの映画制作においても予算においても不義理ばかり重ねて来て、でも結局はいつだって丸山さんに何とかしてもらって来た。
今回も同じだ。私も進歩がない。
丸山さんとはたっぷり話をする時間が持てた。おかげで、今 敏の才能や技術がいまの業界においてかなり貴重なものであることを少しだけ実感させてもらった。
才能が惜しい。何とかおいていってもらいたい。
何しろザ・マッドハウス丸山さんが仰るのだから多少の自信を土産に冥途に行けるというものだ。
確かに他人に言われるまでもなく、変な発想や細かい描写の技術がこのまま失われるのは単純に勿体ないと思うが、いた仕方ない。
それらを世間に出す機会を与えてくれた丸山さんには心から感謝している。本当ににありがとうございました。
今 敏はアニメーション監督としても幸せ者でした。

両親に告げるのは本当に切なかった。
本当なら、まだ身体の自由がきくうちに札幌に住む両親にガンの報告に行くつもりだったが、病気の進行は悔しいほど韋駄天で、結局、死に一番近づいた病室から唐突極まりない電話をすることになってしまった。
「オレ、膵臓ガン末期でもうすぐ死ぬから。お父さんとお母さんの子供に生まれて来て本当に良かった。ありがとう」
突然聞かされた方は溜まったものではないだろうが、何せその時はもう死ぬという予感に包まれていたのだ。


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:39:24.10 ID:s1cI0XUL0
それが自宅に帰り、肺炎の危篤を何とか越えて来た頃。
一大決心をして親に会うことにした。
両親だって会いたがっていた。
しかし会えば辛いし、会う気力もなかったのだが、どうしても一目親の顔を見たくなった。直接、この世に産んでもらった感謝を伝えたかった。
私は本当に幸せだった。
ちょっと他の人より生き急いでしまったのは、妻にも両親にも、私が好きな人たちみんなに申し訳ないけれど。
私のわがままにすぐ対応してくれて、翌日には札幌から両親が自宅についた。
寝たきりとなった私を一目見るなり母が言った言葉が忘れられない。
「ごめんねぇ!丈夫に産んでやれなくて!」
何も言えなかった。

両親とは短い間しか過ごさなかったが、それで十分だった。
顔を見れば、それですべてわかるような気がしたし、実際そうだった。

ありがとう、お父さん、お母さん。
二人の間の子供としてこの世に生を受けたことが何よりの幸せでした。
数えきれないほどの思い出と感謝で胸がいっぱいになります。
幸せそのものも大事だけれど、幸せを感じる力を育ててもらったことに感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

親に先立つのはあまりに親不孝だが、この十数年の間、アニメーション監督として自分の好きに腕を振るい、目標を達成し、評価もそれなりに得た。あまり売れなかったのはちょいと残念だが、分相応だと思っている。
特にこの十数年、他人の何倍かの密度で生きていたように思うし、両親も私の胸のうちを分かってくれていたことだろう。

両親と丸山さんに直接話が出来たことで、肩の荷が下りたように思う。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:39:35.99 ID:s1cI0XUL0
最後に、誰よりも気がかりで、けれど最後まで頼りになってくれた妻へ。
あの余命宣告以来何度も二人で涙にくれた。お互い、身体的にも精神的にも過酷な毎日だった。言葉にすることなんて出来ないくらい。
でも、そんなしんどくも切ない日々を何とか越えて来られたのは、あの宣告後すぐに言ってくれた力強い言葉のおかげだと私は思っている。
「私、最後までちゃんと伴走するからね」
その言葉の通り、私の心配など追い越すかのように、怒濤のごとく押し寄せるあちらこちらからの要求や請求を交通整理し、亭主の介護を見よう見まねですぐに覚え、テキパキとこなす姿に私は感動を覚えた。
「私の妻はすごいぞ」
今さらながら言うな?って。いやいや、今まで思っていた以上なんだと実感した次第だ。
私が死んだ後も、きっと上手いこと今 敏を送り出してくれると信じている。
思い起こせば、結婚以来「仕事仕事」の毎日で、自宅でゆっくり出来る時間が出来たと思えばガンだった、ではあんまりだ。
けれど、仕事に没頭する人であること、そこに才能があることを間近にいてよく理解してくれていたね。私は幸せだったよ、本当に。
生きることについても死を迎えるにあたっても、どれほど感謝してもしきれない。ありがとう。

気がかりなことはもちろんまだまだあるが、数え上げればキリがない。物事にも終わりが必要だ。
最後に、今どきはなかなか受け入れてもらいにくいであろう、自宅での終末ケアを引き受けてくれた主治医のH先生、そしてその奥様で看護師のKさんに深い感謝の気持ちをお伝えしたい。
自宅という医療には不便きわまりない状況のなか、ガンの疼痛をあれやこれやの方法で粘り強く取り除いていただき、死というゴールまでの間を少しでも快適に過ごせるようご尽力いただき、どれほど助けられたことでしょう。
しかも、ただでさえ面倒くさく図体と態度の大きな患者に、単なる仕事の枠組みをはるかに越え、何より人間的に接していただいたことにどれほど私たち夫婦が支えられ、救われたか分かりません。先生方御夫婦のお人柄にも励まされることも多々ありました。
深く深く感謝いたしております。


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:39:41.77 ID:s1cI0XUL0
そして、いよいよ最後になりますが、5月半ばに余命宣告を受けてすぐの頃から、公私に渡って尋常ではないほどの協力と尽力、精神的な支えにもなってくれた二人の友人。
株式会社KON’STONEのメンバーでもある高校時代からの友人Tと、プロデューサーHに心からの感謝を送ります。
本当にありがとう。私の貧相なボキャブラリーから、適切な感謝の言葉を探すのも難しいほど、夫婦揃って世話になった。
2人がいなければ死はもっとつらい形で私や、そばで看取る家内を呑み込んでいたことでしょう。
何から何まで、本当に世話になった。
で。世話になりついでですまんのだが、死んだあとの送り出しまで、家内に協力してやってくれぬか。
そうすりゃ、私も安心してフライトに乗れる。
心から頼む。

さて、ここまで長々とこの文章におつき合いしてくれた皆さん、どうもありがとう。
世界中に存する善きものすべてに感謝したい気持ちと共に、筆をおくことにしよう。

じゃ、お先に。


今 敏

 

遺書


http://konstone.s-kon.net/modules/notebook/archives/565

 

 


「パプリカ」「千年女優」の今敏監督、すい臓ガンで死去


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100825-00000013-eiga-movi


「パプリカ」「千年女優」などで知られるアニメーション監督の今敏さんが8月24日早朝、すい臓ガンで死去した。46歳だった。

大学在学中に漫画家としてデビュー。大友克洋のアシスタントを務めるなどした後、1997年に「PERFECT BLUE」で監督デビューした。同作はベルリン国際映画祭に正式出品された。

01年の監督第2作「千年女優」は、宮崎駿監督作「千と千尋の神隠し」と並んで第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の大賞を受賞。ドリームワークスにより世界配給もされた。03年に監督第3作「東京ゴッドファーザーズ」、04年には初のTVシリーズ「妄想代理人」を発表。06年、筒井康隆の原作小説を映画化した「パプリカ」は、ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された。

「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」「パプリカ」は、米アカデミー賞の長編アニメーション部門のノミネート最終候補にまで残るなど、常に国内外から高い評価と注目を獲得していた。近年は劇場監督第5作となる「夢みる機械」を製作中だった。

 



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:42:28.92 ID:CjxxpP240

たしかにすごい長さ



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:50:55.81 ID:VK/pAEG20

こうやって達観しながら死んでみたい

余命宣告されて冷静でいられる気がしない


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:58:08.22 ID:Mp3a7z9X0
気力体力充実しまくってる年齢の中での発病だったから
こんなに力強く書けたんだろうな
そういう人間の命も奪っていく病がある


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:58:35.89 ID:55arL8VfP

パプリカのトレーラー貼っておくか



 


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 21:59:28.40 ID:RIlrOfeT0

今敏は死んだんじゃない

上部構造に移行しただけだ


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 22:08:31.35 ID:lXDwlR/l0
お母さんの言葉で泣いた


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 22:16:02.54 ID:en8E19mf0
お、おう・・・


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 22:44:00.15 ID:pxsrYKuC0
必死にたて読みを探す自分に嫌気がさした


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/25(水) 23:03:25.63 ID:THDPjKYr0
俺が遺書書いても産業もいらないわ
それにくらべてこのオッサンはいい人生歩んだな




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/26(木) 00:25:00.24 ID:or8+/vHi0

最後に…最後に…ってどんどん続いてっちゃうのが泣けてくんな

 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/michaelsan/51464279
この記事へのコメント
  1. うむ…
      at 2010年08月26日 05:30 ID:HAlMnrDp0
  2. むぅ。。。
      at 2010年08月26日 05:48 ID:gFAZtcC70
  3. …………。

    ……言葉が出ないよ
    at 2010年08月26日 05:53 ID:u3srwh6CO
  4. おいマジだったのかよ
    コイツの作品大好きだったのに
    あ at 2010年08月26日 06:12 ID:.n0USePh0
  5. ご冥福をお祈り致します
    合掌 at 2010年08月26日 06:15 ID:7PrA9AGEO
  6. 膵臓癌で氏ね、とか言ってた人最近居たな
      at 2010年08月26日 06:26 ID:CUOEnbPe0
  7. 幸福を感じる力を育ててもらった
    か…
    すごい言葉だよ
    それこそが親の努めだ…
    あ at 2010年08月26日 06:27 ID:8VVnSA7HO
  8. コンビンって誰?
    オレよりケンカ強いのか?
    パンツ革命。 at 2010年08月26日 06:35 ID:GRswdyrtO
  9. バイバイ、サンキュー
    名無し at 2010年08月26日 06:35 ID:AgBrUMwbO
  10. 46か。。。人として死ぬには一番辛い時期だ。
    死を受け入れる年代の一番辛いピークは40-50歳頃だとユング心理学系の
    本で読んだ事がある。たしか癌末期患者の臨床データだったはず。

    まさに道半ば・・・。惜しいな
    q at 2010年08月26日 06:49 ID:wAzpqgYt0
  11. こういう妻になりたいわ
      at 2010年08月26日 06:54 ID:TWw3l.WR0
  12. 平沢進のツイッターで初めて訃報を見たがとても信じられなかったな
    一番信じたくなかったのは本人だろうけど
      at 2010年08月26日 06:58 ID:JeUJKV6R0
  13. 泣いた
    本当に、ご冥福をお祈りします。
    at 2010年08月26日 07:28 ID:u9a1hlwQ0
  14. 朝から涙が垂れた。この人作品は観たことないが、機会に見てみよう
    8322 at 2010年08月26日 07:45 ID:dsK0dHxcO
  15. いま自分の娘が1歳だが俺が46になる頃には中学生になってるんだなー
    じぶんがもしその歳で死んでしまったらと考えると
    それから先の成長を知ることができないんだなぁ。寂しくなってしまった。

    幸福を感じる力を与えてくれたっていい言葉だ。
    それを心にとどめて生きていこう。
    安らかにお休みください。
      at 2010年08月26日 07:51 ID:BQTmsaJ00
  16. なんだろう、別にこの人には何の思い入れもなかったんだけど涙出てきたな
    パプリカっての見てみよう
    あ at 2010年08月26日 07:52 ID:JBSil3TkO
  17. パプリカは奇想天外で人を選ぶから東京ゴッドファーザーズがお勧め
      at 2010年08月26日 07:58 ID:7391kJiT0
  18. 病死はいやだ。
    弱った自分を見られたくない。
    た at 2010年08月26日 08:10 ID:h.0hX5YZO
  19. 誰かすら知らなかったけど、これ読んでると泣けてくる。
    一生懸命生きてた人なのは伝わった。
      at 2010年08月26日 08:10 ID:CkqrqdzZ0
  20. 自分の父親が同じガンで亡くなったから、他人事じゃない。
    at at 2010年08月26日 08:22 ID:c8QfFd710
  21. 三行にまとめろ
      at 2010年08月26日 08:24 ID:caoihaCX0
  22. なんだよ、これ。
    こんな辛いのに誰を恨むこともなく死んでいけるの?

    スゴすぎる。俺も少しだけでもこうありたい。

    ウチ家族仲悪くて3年前に癌で死んだ親父とは死に目にこそ会えたけど
    あまり上手く行ってなかった。
    親父は遺言状は残したけど他は特にはなかった。
    どんなこと考えてたのかな。
    at 2010年08月26日 08:27 ID:4n5qHqFW0
  23. もうゆっくり休んでくださいとしか言えんわ
    あ at 2010年08月26日 08:33 ID:r.VEHgikO
  24. 心の底からでっていう
      at 2010年08月26日 08:35 ID:.1njebuk0
  25. すげぇ美文
    本当に惜しい人を亡くしたな…
      at 2010年08月26日 08:37 ID:TRhJMRUn0
  26. なげぇよ
    3行とは言わん
    5行で頼む
         at 2010年08月26日 08:40 ID:6YbCiqqx0
  27. お前らも生きてる間に何か成せよ?
        at 2010年08月26日 08:53 ID:gW8eX5Hm0
  28. 納得の出来る最期を俺も迎えたいな
    今はまだ死ぬのは怖い
      at 2010年08月26日 09:03 ID:iCyjPxA20
  29. と言いつつ半年もしたら皆忘れてるんですよね
    こんなくっそ長い遺書書いて悪あがきとか見苦しいわ
    日本人なら辞世の句で済ませろ
      at 2010年08月26日 09:05 ID:.1njebuk0
  30. 今敏というジャンルが消えた。
    今のアニメにとってあまりに大きい損失だった。
      at 2010年08月26日 09:07 ID:HZ52.Vo4O
  31. 作品のファンで、こないだ見返していたばかりだった。あまりに惜しい……
    無念 at 2010年08月26日 09:11 ID:XcDy1LwqO
  32. パプリカ面白かったです
      at 2010年08月26日 09:17 ID:mVaH19qf0
  33. ※21,26,29
    個人が懸命に書いた最後の句をなげえよとか無いわー
    空気読まない俺カッコいいですね
      at 2010年08月26日 09:28 ID:oDg0I8mS0
  34. パプリカすげえ好きだった。
      at 2010年08月26日 09:33 ID:H3MC1ec00
  35. 衝撃的すぎるわ
    平沢さんのライブ毎回足運んでたしスゲー優しそうな人だった。ジョジョOVAの最終話でも活躍してたよなぁ。俺にとって今敏さんは影響を受けた一人だったわ。
    安らかに眠ってください
    . at 2010年08月26日 09:36 ID:GqG23zk0O
  36. 長い
    ・ at 2010年08月26日 09:36 ID:P6hsAkkQ0
  37. 長文なのにすごく読みやすい
    3行にしろっていう人は自分で読んでみるべきだよ
      at 2010年08月26日 09:37 ID:G61nc7bD0
  38. ここまで全員読んでない
    。 at 2010年08月26日 09:41 ID:NyKafMWH0
  39. 懸命に書いたっつーか
    遺書ってのは生きてる内から死んだ後の事考えてるってことだからな
    これだけ長いと相当時間かけて考えたんだろうね
    未練があるのは分かるが、生きてるのは今だろ?死んだ後の事じゃない
      at 2010年08月26日 09:41 ID:.1njebuk0
  40. パーフェクトブルーは怖かったですハイ。でも好きです。
    あ at 2010年08月26日 09:49 ID:8QrRLbZJO
  41. 心からご冥福をお祈りします
    死を前にして凄い
      at 2010年08月26日 09:52 ID:SVFh9xbE0
  42. 知らない人だけど所々泣けるな
    長過ぎて>>4で読むのやめたけど
    たまにラノベ臭いし

    ※33
    空気読む読まない関係ないだろ・・・
      at 2010年08月26日 09:54 ID:e.CJzt.o0
  43. 言葉で言ってもいつかは消えちゃうけど文章にしたら残るんだよ
    それにこれは死んだ後の周りの人達のことを考えた遺書だよ

    今を生きてもいずれは死ぬ
    知らない方だけど俺はすごい立派だと思うなぁ
      at 2010年08月26日 09:54 ID:vUj2q0W7O
  44. ※33
    個人ェ…
      at 2010年08月26日 09:55 ID:e.CJzt.o0
  45. パーフェクトブルーの人か!!
    おいおい、まじかよ・・・
    めいなしさんだお at 2010年08月26日 09:58 ID:AdkkBLyK0
  46. この人、マンガスキャンして不特定多数にアップロードでもしたのか。

    正直、大友のアニメスタイルはあんまり好きじゃない。
    f at 2010年08月26日 10:01 ID:JvB8jB070
  47. 「ご冥福をお祈りします」が全部やる夫のAAで脳内変換される
      at 2010年08月26日 10:05 ID:e.CJzt.o0
  48. 今時空気読めとか使ってる人は
    俺の気に入らない反論は一切許さない むきーっ
    って小学生くらいだからスルー推奨
      at 2010年08月26日 10:10 ID:.1njebuk0
  49. 後悔しない人生なんてないが
    振り返れる人生があればそれでいい
      at 2010年08月26日 10:16 ID:RsVsbBQN0
  50. 薄っぺらい人生歩んでる奴なら3行でまとめられるんだろうけどな。この人はいい人生送ったんだな。全く知らない人だったけど映画見てみるよ。
    あ at 2010年08月26日 10:18 ID:bHo2TAEOO
  51. ※50
    今敏しらないとか・・・・
    在日工作員だろお前
    日本が嫌いなら日本から出ていけ
    at 2010年08月26日 10:36 ID:Lb7ebjwk0
  52. 千年女優が一番好きだなぁ〜

    ご冥福をお祈りします
      at 2010年08月26日 10:37 ID:1Dw8ZWW00
  53. 全然長く感じなかった
    s at 2010年08月26日 10:39 ID:KWtjs48d0
  54. そんなに知名度ある人なのか
    * at 2010年08月26日 10:41 ID:8MTSRmAVO
  55. ※39
    あんたみたいに死んだ後のことを知らん顔できるほど厚顔無恥ではいられなかったってことさ
    ろう at 2010年08月26日 10:43 ID:u1M8KdVo0
  56. 知らない人がいるのはまったく不思議じゃないな。アニメ好きか、映画好きくらしか耳に入ってこない人だから。
    知名度とは対照的に、オリジナル劇場アニメーションを作れる本当に希少な人だった。
    作品を見れば、好き嫌いは別として、丁寧な仕事をする人だってことぐらいは分かるはずだ。
    いわゆる売れた人ではなかったけど、だからこそ独特の世界観を高水準で維持できた人なのかもしれない。消費の波にもまれちゃったら、悪い意味で一般化した作品しか作れなくなっていたかもしれない。

    まだやらなきゃいけないこといっぱいあっただろうに。
    別に友人でもなんでもないが、なぜ死んだ。馬鹿やろう!!って感じだ。
    やっす at 2010年08月26日 10:55 ID:uhJij3oJ0
  57. 三行で
      at 2010年08月26日 10:59 ID:pIyKPuVO0
  58. 名文だな
    死を間近にした人間ってこうなのか
    臨死体験まで行った後でこんなにしっかりした文を書けるってあんまりないことだろう
    アニメ監督らしいレポートぶりで興味深かった
    この人がもうこの世にいないってのは、なんだか悲しい

    「長い」って言ってる人はきっと読書が苦手なんだろう
    実感がこもってるいい文章だと思うんだけどな
    ah at 2010年08月26日 11:01 ID:gX.vqg5b0
  59. 早死ににこう言うのはおかしいのかも知れないが、
    この死の迎え方には尊敬と羨望を禁じ得ない。
      at 2010年08月26日 11:04 ID:dHk7r4sa0
  60. ※51
    その程度で在日とか馬鹿だろお前
    世間見渡せばしらねーやつのが多いっつの
      at 2010年08月26日 11:10 ID:zGjym3gB0
  61. 今敏とか知らねーし……遺書一つで騒ぎすぎだろ
    どんだけ流されやすすぎなの君たち
      at 2010年08月26日 11:29 ID:.1njebuk0
  62. 死ぬってのはこういう事だ
    肝に銘じておけ
    しろひげ at 2010年08月26日 11:33 ID:kqkScTZAO
  63. 知らんな

    どっかのオタアニメ声優ですか?
    あ at 2010年08月26日 11:35 ID:GR9XjA4pO
  64. アニメ業界は天才の早死に多すぎるだろ・・・
      at 2010年08月26日 11:44 ID:HTRINMsE0
  65. アニメーター関連の人って若くして亡くなる人多いよな、耳をすませばの人とかもそうだし。使える表現の幅が広い分身体を酷使して追求してしまうのかな。
    でもその分他の人より濃密な人生を送ったからこそ、こんな事を書き残せるんだろうな。
    at 2010年08月26日 11:47 ID:s4VfmZLEO
  66. あんまりにも「幸せだった」を強調するもんだから、
    かえってその身の不幸が際立つな。

    泣けたよ。
    名無しさん at 2010年08月26日 11:50 ID:junA5yxv0
  67. すごいなぁこれだけ書くの頭も体も大変だったでしょうに
    心からご冥福をお祈りいたします
    at 2010年08月26日 11:53 ID:GMbwsfqe0
  68. クズみたいなコメントばっかだな
    コイツらの人間性を疑うわ・・・
    a at 2010年08月26日 12:02 ID:MzpuaQIN0
  69. 名前しか知らなかったけどこれはつらい
    読んで丸一日落ち込んだわ
    名無し at 2010年08月26日 12:05 ID:DDzeEbwHO
  70. >>61>>63
    同意、たかがアニメの監督ごときで騒いでるのがキモ杉
    もっと立派な偉人(ノーベル受賞者やら人間国宝やら)の時に騒げよオタク共
    at 2010年08月26日 12:08 ID:skkCSLH40
  71. 確かに興味深い点は多いが長すぎる。無駄が多い。
    故人には申し訳ないが、せっかくの感動も薄れるわ。
      at 2010年08月26日 12:23 ID:if4OoIQk0
  72. 泣いた。グッと来る。
    こう、逝けるように今生きていきたい。
    >< at 2010年08月26日 12:27 ID:8iKY31kT0
  73. 以前の韓国俳優の時も思ったんだけど
    その人にはカスほども興味ないけど、とりあえず出来た人間のフリしてお利口さんっぽい書き込みしてるような奴って確実に居るよね
    梨本のクズが死んだときもとりあえずお利口さんっぽく書き込みしてる奴ら居たもん
    いや、別に良いんだけどさ
    * at 2010年08月26日 12:32 ID:rZGzBIFZO
  74. いろいろ考えててお利口さんですね^^
    いや別にいやみじゃないですよ^^
    名無し at 2010年08月26日 12:37 ID:.elc1be6O
  75. >>29よ、確かに半年もすりゃ記憶は薄れるよ。忘れてるかも知れん。
    けどな、その半年後に突然思い出したりするんだよ。作品を目にしたり、命日で話題が出たり。他にもいろんな形で思い出すと思うよ。そしてその度に>>29は「こんなくっそ長い遺書書いて悪あがきとか見苦しいわ」等と書き込んだ事を思い出すわけだ。どうだ?俺も「あんな書き込みしてた輩がいたな」と>>29の事を思い出すわけだ。
    どんな気がする?>>29よ。
          at 2010年08月26日 13:19 ID:Wu1HXtKh0
  76. 両親に告げるのは切なかった、とか遺書に書く事じゃないだろ
    もうすぐ死ぬというアーティスティックな自分に酔ってたのか?ww
      at 2010年08月26日 13:26 ID:Omtr1uQd0
  77. 長すぎて読む気にならない
    この人死んじゃったの?
    q at 2010年08月26日 13:29 ID:2Bot7L9B0
  78. ※76
    死んだ人の遺書だろうと冷静に批評しちゃってる自分に酔ってるんですか?wwww
    * at 2010年08月26日 13:33 ID:lLP6Hill0
  79. 「じゃ、お先に」っていうのがいいね。

    これが長いって言っちゃう奴は確実に低学歴。
    Fラン一歩手前の日東駒専レベルでも上位30%に入ってるらしいね。
    残りの70%はお猿さんと同レベルなんだろう。識字能力が欠けていても仕方ないのかもしれない。
      at 2010年08月26日 13:33 ID:v1UKCQ3g0
  80. 長い
      at 2010年08月26日 13:38 ID:Omtr1uQd0
  81. お疲れ様でした、そしてありがとう
    nanashi at 2010年08月26日 13:53 ID:iJNsR4FX0
  82. 優しさ というものが理解できんのかね・・・情けない
    め at 2010年08月26日 14:14 ID:UBm0QAYXO
  83. 五行にまとめるなら







    だな
    at 2010年08月26日 14:34 ID:0bK1zP9D0
  84. >抗ガン剤は拒否し、世間一般とは少々異なる世界観を信じて生きようとした。
    >「普通」を拒否するあたりが私らしくていいような気がした。
    >どうせいつだって多数派に身の置き所なんかなかったように思う。
    >医療についてだって同じだ。
    >現代医療の主流派の裏にどんなカラクリがあるのかもあれこれ思い知った。

    なーんて言っておきながら、除痛・在宅での看取りとあらゆる面で現代医療のお世話になってる。こうゆうところにこいつの嫌らしさがでてるよ(いかに最後に感謝を述べているとはいえ)

    現代医療がそんなに嫌いなら、痛みに悶え苦しみ、癌性腹水と腸閉塞でゲーゲー吐き続けながら逝けば良かったのに。
    あ at 2010年08月26日 14:58 ID:M3tXW7r.0
  85. ま、遺書残すやつなんて大抵は未練たらたらの目立ちたがり屋
    長々と考えてる暇があるなら精一杯生きろよ
    それすらもできずに死んでいく人だってやまほどいるのに
      at 2010年08月26日 15:11 ID:.1njebuk0
  86. 最後まで読みもしなかった他人の遺書に「3行にまとめろ」とかコメント残していっちゃう連中の神経を疑う。
    値札を付けた作品ですら無いんだから読まなかったなら何も言わずにスルーしろよ。

    とかスルー出来ないで書き込んじゃうほど不快。
      at 2010年08月26日 15:29 ID:Hqi4eX8J0
  87. ※85
    お前、どうしようもないバカだな
    低学歴な中高生だと思うが、流石に引くわ
        at 2010年08月26日 15:31 ID:XUznnn.K0
  88.  てか、かなり鬼畜なコメ残してる奴いるけど、人生経験たりない
    ガキであること願うよ。世の中斜めに見てる俺かっこいい(笑)てか? 大人になってもひねくれた厨房みたいなこと言ってるんだたら、もう終わってる・・・。
    . at 2010年08月26日 15:38 ID:fbMpkkQ10
  89. スルーしようね どっちもどっちですから
      at 2010年08月26日 15:40 ID:.1njebuk0
  90. まともな、コメしてる奴も結構いるけど・・・、
    ここクズ多過ぎw
    , at 2010年08月26日 15:44 ID:fbMpkkQ10
  91. 叩いてる奴はただの釣り
    顔真っ赤にして釣られてる奴のほうがレベル低いわ
      at 2010年08月26日 15:53 ID:.1njebuk0
  92. ※88
    死んだ相手が興味のない他人で場所がネットなら、大人でもこんなもんだろ。
      at 2010年08月26日 16:32 ID:if4OoIQk0
  93. ※91
    叩くだけじゃ釣りとはいえないよね
        at 2010年08月26日 16:42 ID:XUznnn.K0
  94. 死に際の人間が書いた文章を「長すぎ」「ラノベみたい」「目立ちたがり屋」なんて言えるような人間ほど社会を上手く生きて行けるように日本はなってるんだよね
    だからずっと進歩しない
          at 2010年08月26日 16:56 ID:FeeX3S3R0
  95. かなり充実した人生だったんだろうな。俺にはこのように充実した人生はおくれそうにない。まあ、死を考えて亡くなるのも幸せだよな。一瞬で死ぬ人もたくさんいる。この人は本当に幸せ者だ。
    か at 2010年08月26日 17:25 ID:HQ6oDI8vO
  96. 俺はこの人が誰なのか知らないけど、この遺書を読んで、すごく感動したよ。


    偽善っぽいコメントすんな屑とか言われたらそれまでだけど、それでも俺は、この人の様に一生懸命生きていけたらと思う。
    名無し at 2010年08月26日 17:31 ID:bWs2gBeYO
  97. この遺書を読んだとき、あぁこの人は死ぬまで作家なんだなぁと思ったよ。尊敬するわホント。
    . at 2010年08月26日 18:03 ID:N2.xGZEdO
  98. 壮絶な文章だよな
    俺が死ぬときはこんな文章も内容も書けないことだけは確かだ
    惜しい人を亡くした
    あ at 2010年08月26日 18:26 ID:KyggTod.0
  99. 人は生きた長さより生き様だって昔、ある人に言われたけど、まさにその通りだと思う。

    ご冥福お祈りいたします。
    at 2010年08月26日 18:58 ID:hucjyXb7O
  100. 何だアニメ監督か


    一般人が知るわけねぇだろwwww
    あ at 2010年08月26日 20:09 ID:VscF8LVJO
  101. 惜しい人をなくした・・・
    ご冥福をお祈りします
    ななし at 2010年08月26日 20:28 ID:5.iXlzXI0
  102. 釣りでしたとさ。
       at 2010年08月26日 21:33 ID:GZTPLnQs0
  103. この遺書をバカにする奴、お前こそが氏ね。
    名無し at 2010年08月26日 21:36 ID:aqmbNhkP0
  104. 軽い表現を織り交ぜてるけど、内容は正に絶筆という感があるな
    at 2010年08月26日 22:02 ID:8oiIsgtD0
  105. 冷静に見えるけど死ぬのが怖くないわけないんだよなぁ。
    今見られないけど「妄想代理人」の裏話で死について思うことが書いてあったきがする。
    ; at 2010年08月26日 22:12 ID:ZV8r8DPP0
  106. こういう素晴らしい文章を読んで素直に感嘆できるか、斜に構えて茶化すかで人間の程度がわかるね。
    名無し at 2010年08月26日 22:32 ID:VA.8FvrUO
  107. 今敏も伝わる人に伝えたいだけで感動もなにも求めてないだろ

    しいて言えばけなし合いこそ望んでないはず
    伝わった奴だけよく読めばいいし個人で考えていけばいい
    at 2010年08月26日 22:41 ID:KqMWiM7D0
  108. 低俗なコメントしてる奴は釣りだろうが何だろうがクズはクズだな
    性根が腐ってる、ろくな人生送ってないんだろうなぁ

    人として下の下、いや人を名乗る資格もないな、生きてる資格もないんじゃないか
      at 2010年08月26日 23:04 ID:E3V8n2pe0
  109. ※108自己紹介乙

    知ってる知らないおいといて、人ひとり遺書残して死んでるんだ
    ご冥福をお祈りします。ぐらい言おうよ、それぐらいしか出来ないんだから
    ・ at 2010年08月26日 23:20 ID:ztXzcDsZ0
  110. 自己紹介?まあ勝手に言ってろ
      at 2010年08月26日 23:28 ID:E3V8n2pe0
  111. わざわざ知らない人の冥福を祈ってまで善人ぶりたくないです
    あ at 2010年08月27日 00:18 ID:jGGVlpqfO
  112. 明日パプリカをかりてくる
      at 2010年08月27日 01:03 ID:sIm1sGcY0
  113. >低俗なコメントしてる奴は釣りだろうが何だろうがクズはクズだな
    >性根が腐ってる、ろくな人生送ってないんだろうなぁ

    >人として下の下、いや人を名乗る資格もないな、生きてる資格もないんじゃないか

    人でなしってまさにこういう奴のことを言うんだろうな
    なんで自己紹介乙って言われたかわからないのか?
    まあ一生わからないんだろうな。憐れな奴
    at 2010年08月27日 03:40 ID:x7F6F9TT0
  114. 知らない人だったけど…今度映画を見てみようかな。
    ご冥福をお祈り致します
    s at 2010年08月27日 05:47 ID:c7BRBneZ0
  115. ※111
    これ読んでなにかしら感じるものがあれば
    その人は全員偽善者ですか。あなた歪んでますよ
    それとも中二病っていったほうがしっくりくるのかな
    at 2010年08月27日 07:25 ID:.5.qlaonO
  116. 信じられなかったけどやっぱりこの人だったか…
    そっちに疎くてアニメと漫画の区別もつかない様なうちの家族でも、何気に全部見てんだよなぁ
    当然これからもっと色んな表現を追求していく先のある人だと思ってた
    こんなことになってたとは
      at 2010年08月27日 08:53 ID:cIxYX6NK0
  117. この長さが未練あらわしてるよな・・・
    読んでて死ぬのが恐くなったわ。
    映画みてみます。
       at 2010年08月27日 09:19 ID:lLxu0JiU0
  118. 悔しさや辛さ苦しさも絶対あるはずなのに
    後に残す人への感謝ばかり
    凄いな40半ばでここまで達観できるとは…
    独自の世界観を持ってたんだろうな
    _ at 2010年08月27日 09:20 ID:qC93aMoE0
  119. 癌じゃないけど膵臓が悪くて、かーちゃんに全く同じこと言われたので、これ読んだら震えが止まらない。
    私もいつかこんなふうに死ぬかもしれない。
    そのときこんなふうに死を受け入れられるのだろうか…。
    自信がないな……。
    at 2010年08月27日 09:39 ID:PFLxaQ3dO
  120. だれだよこいつwwww
    勝手に遺書書いて勝手に死んでろよwwwwww
      at 2010年08月27日 10:30 ID:w24dS2Ub0
  121. >>113
    憐れな奴→自己紹介乙
      at 2010年08月27日 11:13 ID:DwIAJxk.0
  122. ついでに人でなし・・・自己紹介乙
      at 2010年08月27日 11:16 ID:DwIAJxk.0
  123. まあ、金のためだけに殺人する奴とか大勢いいるしね
    どんな遺書を残して他人が死んでも何も感じない奴なんて珍しくないだろう
          at 2010年08月27日 11:19 ID:XSrbUCoO0
  124. パプリカはめちゃくちゃ面白かったなぁ…
    ご冥福お祈りします。
      at 2010年08月27日 13:12 ID:zuqkfdZwO
  125. 茶化すようなコメしてるのは、夏休みで暇な学生だろ。
    こんなとこに書き込んでないで宿題しとけよ。

    まだ若かったのに、病気は怖いな。
    ご冥福をお祈りします。
    千年女優以降の作品は観てなかったから、これを期に観ておこう。
    at 2010年08月27日 15:02 ID:fed1QNo20
  126. 泣いた
    名無し at 2010年08月27日 17:52 ID:pH7n58FAO
  127. 余命までは宣告されてないが親父が癌なんだよな
    こんな感じの事、考えてるのかな・・・
    。 at 2010年08月27日 20:21 ID:EhuNgWmi0
  128. 「何かを遺さなきゃ、遺さなきゃ」みたいな
    クリエイター独特の切迫感がひしひしと伝わる文章だ

    そういう意味ではこれも一つの作品かと
      at 2010年08月28日 01:37 ID:0WitXfrG0
  129. ご冥福をお祈り致します

    本当に癌を治療できる完治させられる世界に一刻でも早くなってほしいものです
      at 2010年08月28日 15:17 ID:Lx3MkKXh0
  130. さっきこのブログで知ったばかりの人間だが
    今敏監督の遺書読んでから映画見てみたけど
    すげえ人がほんのこないだに失われたんだな、って普通に落ち込んだ

    映画からくる創作する人達のエネルギー、威力?意思、根気迫力?が
    これでもかってぐらい感じられたのに(遺書にも)その当の監督はもういないってんだもの
    さらなる作品や、より良いものを創っていきたいと絶対思ってただろうに
    いや誰だって方向はそうか クリエイターなら尚更だ

    まだ代表作しか見てないけど、見入ってしまって、
    この人の映画もっと見たいなあって、亡くなってる事も忘れて思ってたよ……本当に なんていうのか 惜しい

    アニメ業界で早死にが多いという話はよく聞くし、
    過去にも同じくしてすごい人が失われている、そうなってくと分かっているはずでも、

    やっぱりいたたまれないしやるせない


    生きてられる人間なんだから、どうせならもっとベストを尽くしてけって学んだ気が、しないでもない

    ご冥福を、お祈りします
      at 2010年08月29日 07:07 ID:3ld8ab0b0
  131. 賛否両論だったけど
    妄想代理人すきでした…
    ご冥福をお祈りいたします。
    らい at 2010年08月29日 09:16 ID:2hUKYflAO
  132. あまりにも惜しすぎる
    新作はファンタジックな作品で新たな一面を見せてもらえるとこだったのに

    日本のアニメーション界の未来を引っ張っていける巨匠の一人だったから凄く残念

    個人的に今敏監督とジブリの近藤喜文監督が亡くなったのはアニメ界の悲劇だと思う
    この素晴らしい監督達が今も生きていれば自分の心をどれだけ豊かなものにしてくれたろうな
    なし at 2014年07月19日 02:50 ID:l0ScAGD.O