2006年07月31日

小学3年生のいとこにオ○ニーを教えた僕は死ぬべきですか? 2

続きです




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:11:37.94 ID:GoH+2UJV0

つづき

俺のチンコは上を向いたままだ

そもそも勃起したままのチンコに絆創膏を貼っても

萎えたときに剥がれて意味が無い気がするが

「あ、それで○○は?」

今の今まで忘れていたいとこの存在を

「○○ちゃんなら、お風呂に入って
 もう私の部屋で寝てるわ」

「そうか、明日謝らないと・・・」

「んーそうね、じゃああんたは今晩よく反省することね」

そういって母は部屋を出た

俺は風呂にでも入ってこのビンビンのチンコを
どうにかしようと思った


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:20:40.43 ID:GoH+2UJV0

つづき

チンコがこの状態だとパンツを履くのは面倒だ

俺は下半身裸のまま風呂場へと向かった

その途中、声をかけられた

「お、変態露出狂。なんつーもん押っ立てて歩いてるんだ」

姉だ。今年23になる

短大を出てから働きもせず、ほとんど家からでない

食べ物をうんこに変えるだけの存在だ

「まぁ色々あって、今日はもう疲れた・・・
 風呂は入って寝るよ」

俺のチンコを見て無反応とは・・・

どうやら姉とはフラグが起ちそうにないな・・・

俺は脱衣所へ向かった、そのとき姉が何か言っていたが

俺の耳には届かなかった

「あ、いまお父さんがお風呂使ってるから・・・って聞いちゃいねぇwww」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:22:21.60 ID:keK8Dqnc0
母っていとこの母だよな?確か

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:22:54.98 ID:P3e5eL3G0
嫌な予感

211 ::2006/07/29(土) 22:24:08.88 ID:Ywt3NQWM0


俺の母だ


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:24:42.88 ID:pLaP8sod0
>>211
ワロスwwwww

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:24:46.89 ID:ybDcl9C60
>>211
かえれ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:25:44.66 ID:VpFjm0t6O
父さぁーーーん!

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:28:24.48 ID:GoH+2UJV0

つづき

2秒で上着を脱いだ俺は全裸だった

今、身につけているものはチンコの絆創膏onlyだ

勢いよく扉を開けた、そして時は止まった

そこにいたのは父だった

風呂場でもメガネを外さないのがポリシーなのか

父はメガネ姿だった

父の目線は俺のモノに釘付けだった


「・・・それはどういった意味があるのかね?」

父の意味深な質問に、俺はすぐに返答出来なかった

俺はふと父の股間に目が行った

見られた以上こちらも見るしかないそう思ったからだ

そして俺はとんでもないモノを見てしまった


「フフフ・・・どこをみているのだね?」


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:30:25.43 ID:1xuIMSxA0
アッー

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:30:35.89 ID:eCYSvC2o0
きょうのうほっなスレはここですか?

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:30:59.09 ID:giFH8/Rj0
〜のだね?ってワロスwwwwwwwwwwwwww

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:35:18.58 ID:jdkNo87U0
親父wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:37:48.85 ID:GoH+2UJV0

つづき

父のそれは太かった。太くピンク色をしていた

そして先っぽには赤黒い鬼頭さんがこんにちはしていた

よく見るとそれはオナホ(僕のオナペット、通称:僕オナ<0)

に包まれていたのだった


「見てしまったようだね・・・この私の秘密を・・・」


その時、急いで逃げれば良かったものを
俺は放心状態でその場で立ちつくしていた

「フフフ、最近妻が相手をしてくれないのでね
 不本意ながらこのような形で性欲処理をしているのだよ・・・」

そんな話し聞きたくもなかった

「見られた以上は仕方ない・・・
 このことが妻にばれたら、少ない小遣いが無くなってしまう・・・」

そう言うと父はオナホを外し、俺のそばへと躙り寄ってきたのだった

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:39:13.12 ID:jdkNo87U0
妻にばれたら減給かよwwwwwwwww

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:39:35.56 ID:VpFjm0t6O
突っ込む所が多すぎるwwwww

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:40:32.84 ID:PGYJ6Z8u0
この展開wwwwwwwwww

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:40:55.31 ID:keK8Dqnc0
血は争えないんだな

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:43:17.70 ID:tqTNzscdO
wwwwwwwwww

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:44:15.20 ID:GoH+2UJV0

つづき

「さぁ・・・夢の中へ・・・」

揚水のうような言葉を言い放ち

俺のいきり立った逸物にオナホ(僕オナ)を近づけた

「や、辞めてくれ・・・」


やっとのことで出た声は何の抵抗にもならなかった

にゅるっとした

もうこれ以上の描写は無意味だ

さっきまで父のものを納めていた鞘に納刀したのだ

父の温もりを感じる

「フフフ・・・貴様とは生きてきた年月が違う
 どうだ私の手コキは・・・」

もうだめだ

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:44:28.10 ID:QvAU5JQc0 ?2BP(1)
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:45:45.33 ID:hURh+ewL0
この家族はw

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:48:08.40 ID:pnoVVGq80
もうだめだwwwwww

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:52:31.79 ID:GoH+2UJV0

つづき

今思い出したが、僕オナは非貫通式だから

父の亀頭は見えるはずがない

どうやら父が改造したようだ

ホールの中で何か違和感を感じた

そう絆創膏だ、さっきの絆創膏が剥がれてしまったようだ

「フフフ、これからが本番だ・・・」

そう言うと父はホールを外し

俺の逸物を口に含んだ

どうやらフェラ好きの家計のようだ

父はなかなかのテクニシャンだった

いとこ、母と今日もうすでに3度目だったが

父がチャンピオンと言うことで異論はなさそうだった


「・・・っう!!」




269 ::2006/07/29(土) 22:57:16.55 ID:Ywt3NQWM0

もう、寝ます。おやすみなさい。

良い夢見ろよバーロー

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:57:47.30 ID:keK8Dqnc0
>>269
誰こいつ?

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:57:59.92 ID:GoH+2UJV0

つづき

「・・・っう!!」

と、声をあげてイッたのは俺ではない、父だ

父は短いうめき声を上げて逝ってしまったようだ

「・・・死んでる」


なんということだ、俺のチンコで人を
実の父を殺してしまったなんて!!

さっき消毒に使ったマーキュロクロム液

通称赤チン。これは有機水銀(毒性あり)が使われている

そもそも今、赤チンは薬局では市販されていない

どうやら長い間我が家の倉庫で眠っていたようだ

その間にどんどんと水銀濃度が上昇し

それを塗ったペニスを口に含んだ父が死んでしまった、と言うわけだ

「・・・なんてことだ」

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:59:21.51 ID:lMow7WNl0
急展開wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 22:59:45.14 ID:46K1w6X40
>>272
ちょwwww母ちゃんどうなるんだよ?wwwwwwwwww


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:04:21.07 ID:GoH+2UJV0

つづき

このままでは俺の命も危ない

俺は急いでシャワーを浴び、赤チンを流し落とした

後の俺はこう語っている

”まさに奇跡でした、あの時発見が5分でも遅れていたら
 今の私は存在しなかったでしょう。
 父の死のおかげで今、私は生きていられるのです”

父の死体はとりあえず浴槽に沈めて

明日なんとかすることにした

父の遺品である僕オナも、はさみで小さく切り分け

オナホと分からないように新聞紙で包んで

生ゴミとして出したのでプライバシーはばっちり守られた

俺は体を拭いて風呂場を後にした

まだチンコは上を向いたままだ

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:05:00.57 ID:46K1w6X40
wktk

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:06:07.38 ID:VpFjm0t6O
もはやわけ解らん…………が!

 


チンコは元気なのか!

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:08:26.85 ID:GoH+2UJV0

補足説明

チンコに最初に塗ったのがマキロン

母のフェラの後に赤チンと絆創膏

だから母ちゃんセフセフ

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:08:40.94 ID:d2SAeyhy0
計算した
マーキュロクロム液が約300倍に濃縮されて全部経口摂取すると致死
ありえるじゃないか!!

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:13:38.59 ID:GoH+2UJV0

つづき

部屋に帰った俺はその部屋の匂いでダウンしそうになった

俺の精液といとこの涙と母のよだれとマキロンの匂いで

部屋の中はカオスだった

「この部屋で寝るのは無理だな」

他に寝る場所は・・・

母の寝室はいとこがいるし、気まずくて入れない

父の部屋はいつも施錠してある、おそらくエログッツで溢れているのだろう

犬小屋は寒い

「姉の部屋か・・・」

このときの俺は、頭が混乱していて
客間の存在をすっかりと忘れていた

今日の今日まで俺はこの時
なぜ客間に行かなかったのかと後悔している

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:14:13.93 ID:pnoVVGq80
姉ルートキタ?

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:14:51.44 ID:hg7bdVda0
まだ続くんかwwwwwwww

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:15:12.53 ID:aJvjw8Bz0
姉ktkr

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:15:15.66 ID:keK8Dqnc0
犬小屋バロッシュwww

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:17:11.56 ID:46K1w6X40
本題からどんどんずれていくなw

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:18:59.33 ID:GoH+2UJV0

つづき

「とんとん」

ノックを口で言うのが我が家のルールだ

「どぞー」

姉の部屋に入るのは実に久しぶりだ

女の子らしい部分が一つも見あたらない

部屋中パソコンのコードだらけだ

この部屋には冷房が3台あるが、それでも室温は30度を超えていた

「なんのようだ、この変態露出狂www」

あ、服を着るのを忘れていた

「いやー、ちょっと部屋でいざこざがあって布団が使えないんだわ
 ちょっと姉ちゃんのベッド貸しておくんなまし」

「いいよ、今日は朝までネトゲでレベルうpwwwwwうはwwwww」

廃人人生ここに極まりし・・・だな

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:20:21.65 ID:Jrwfg8kP0
姉ちゃん
Vipperwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:20:51.07 ID:hg7bdVda0
廃人姉ちゃんktkrwwwwwwwwwwwww

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:20:57.77 ID:cOurpo470
ネトゲwwwwwwwww

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:21:44.72 ID:NFlV59D70
ショタ・母ちゃん・父ちゃんは罪悪感があったが
姉ちゃんならおkwwwwwwwwwwwwwww

あれ矛盾してる?

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:22:17.40 ID:cOurpo470
>>314
いや普通

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:26:56.51 ID:GoH+2UJV0

つづき

俺はベッドに横たわった。相変わらずチンコはビンビン丸だ

いつもならオナニーして寝るのだが

今は傷口は染みるので辞めることにした

姉はマイクに向かってぶつぶつ言いながら

右手にマウス、左手にキーボード、両足でノートパソコン

計4台のパソコンを華麗に操っていた

ラジオ、ネトゲ、チャット、メールを同時にこなせる変人なのだ

ちなみに姉のノートパソコンに触れると

指が水虫になるので気を付けた方が良いと

今は亡き父が言っていた

父は姉のパソコンで一体何をしていたのか・・・

謎は深まるばかりである

そんなことを考えながら俺は眠りについた

明日は父を片付けなければ・・・

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:27:59.59 ID:+R4fR2cK0
姉ちゃんなにやってんだwwwww

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:29:31.37 ID:cOurpo470
姉ちゃんヤバスwwwwwwwww

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:32:15.03 ID:keK8Dqnc0
俺の親父も一時期水虫だったな

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:35:03.66 ID:OqGDngU20
てか死体遺棄wwwwww

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:35:32.80 ID:GoH+2UJV0

つづき

こんこん

誰かが窓を叩く音で目が覚めた

まだ一回目のノンレム睡眠に入る前だというのに

姉が答える

「どぞー」

がらがらがらっと窓を開けて入ってきたのは

隣に住む幼なじみで同級生のエレダダ・イイーツイ(16)だった

幼なじみの女の子は、主人公の部屋の窓から出入りするのが普通だが

アネハ建築士が間違えて、姉の部屋側に幼なじみの部屋を建ててしまったのだ

ちなみに彼女の部屋は3台の室外機の熱風をもろに受けるので
冬は暖房要らずで、夏は無限地獄だという

「コンニチワー、おねえちゃん遊びにきたヨー」


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:37:26.55 ID:keK8Dqnc0
誰だよエレダダwww

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:37:50.30 ID:hg7bdVda0
何このカオス空間wwwwwwwwwwwwwwwwww

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:39:23.35 ID:cOurpo470
アネハ物件wwwwwwwwwwwww

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:42:32.70 ID:GoH+2UJV0

つづき

「いらっしゃーい、もう夜だから
 挨拶はこんばんは、よwwwwwww」

「ソウダッタ、うっかり間違えちゃたヨー」

そう、彼女は俗に言うドジッ娘だ

学校では上手く箸が扱えず、手でご飯を食べたり

数学の時アラビア数字でない、謎のルーン文字を使って

満点のテストを0点にした、というエピソードもある

容姿端麗で性格も良く、賢くてドジッ娘だ

クラスではモテモテなのだ

エレダダは毎日のように姉の部屋に遊びに来ては

夜な夜な変な喘ぎ声をだして

朝の5時頃には帰って行く、一体何をしているのだろう?

今日、その謎が解けるかもしれない

淡い期待に胸を躍らせる俺だった

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:43:44.50 ID:YZctK3kG0
レズktkr!!!!!!!

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:43:58.55 ID:NFlV59D70
レズフラグktkrwwwwwwwwwwwww

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:44:40.59 ID:DSk2R2lWO
こいつ父親殺しといて冷静だな

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:45:39.93 ID:keK8Dqnc0
>>339
性格には勝手に死んだわけなんだが

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:48:56.76 ID:keK8Dqnc0
死因 ちんちんなめた

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:49:40.68 ID:GoH+2UJV0

つづき

「くんくん、この家なにか匂うヨー」

「そう?もう2ヶ月もお風呂に入ってないからかなーwwwww」

他人の家は何故か臭いという奴だろうか?

それより、姉が2ヶ月も風呂に入っていないという事実が驚愕だ

「この辺から匂うヨー」

そう言うとエレダダは俺のチンコを指さした

「っぷwwwwwwあははははーっwwww
 あんたのチンコが臭いんだってwwwあははーwwwwww」

なにこの展開

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:49:44.71 ID:YZctK3kG0
何で俺このスレで勃起したんだろ

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/29(土) 23:55:14.68 ID:GoH+2UJV0

つづき

「やいエレダダ!俺の何処が臭いんだよ
 よっぽど姉の方が臭いじゃんかよ!」

俺はキレた

「チガウヨー、おねえちゃんは臭くないヨー」

そっちを否定するのか、どういう関係だコイツら

姉は笑い転げている

俺の怒りは頂点に達した

その後、俺とエレダダによる
姉は臭いか臭くないか議論は朝まで続いた

俺は姉の腋のしたを必死に嗅いだが、やはり臭かった

エレダダはもう反発した

なにこの展開





続く
http://blog.livedoor.jp/michaelsan/archives/50467430.html


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/michaelsan/50467429
この記事へのコメント
  1. いち
    いち at 2006年07月31日 13:42 ID:1sWopxzWO
  2. ここではたたなかった
    ありがとう at 2006年07月31日 17:02 ID:vJvnaQhMO
  3. この部屋臭うヨー
      at 2006年08月01日 07:09 ID:Ex.4aneu0
  4. オナニーのやり方教えて
    お願い at 2006年08月01日 10:10 ID:qlrtRc1v0
  5. エレダダってキノのあの人か!
    _ at 2006年08月01日 10:37 ID:TTR8LUyC0
  6. エレダダwwwwwwwwワロスwwwwww
    〜ー at 2006年08月01日 12:02 ID:i89mP0iOO
  7. エレダタ・イイーツイwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    Mr.X at 2006年08月04日 17:21 ID:sXnS.GSP0
  8. エッチしてくれたらおしえてあげる
    やす at 2012年05月08日 16:25 ID:7cz3Gn8aO