2005年08月07日

隣の部屋に水野裕子

隣の部屋に水野裕子













2 :たっくん ◆Rtok6Ir9t. :2005/08/04(木) 11:55:16 
?『ごめんくださーい!!』

けたたましい呼び鈴の音で
俺は目が覚めた。

俺『誰だよ……こんな朝っぱらから………』

体を起こすと、軽く頭痛を覚える。二日酔いの様だ。
(昨日は相方と盛り上がったからなぁ〜)

無理矢理立ち上がり、玄関に向かう。


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 11:57:10 
けだるい感じでドアを開けると、そこにはTVで見たことのある
女性が立っていた
水野「今度隣に引っ越してきました水野といいます。よろしくお願いします」」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 11:58:21 
ちょwwwたっくんwwww

7 :たっくん ◆Rtok6Ir9t. :2005/08/04(木) 12:01:30 
ピンポーン ピンポーン

俺『はいはい………どちらさまで………!!!』
『朝早くからごめんなさい。隣に引っ越してきたものです。』
『ご挨拶にあがりました。』

俺『いや……………!あのぉ……。』
『はい?何か?(ニコニコ』

俺『あの……ぅえ……失礼ですけど、“水野裕子”さんですよね!?』


8 :たっくん ◆Rtok6Ir9t. :2005/08/04(木) 12:05:50 
『あ!………………やっぱりわかっちゃった?www』
『ちぇっ。ノーメイクならバレないと思ったんだけどなぁ……』

俺『いやいや……わかりますよ!?』
俺『うわーすげー!!本物ですよね!?』

『本人だよぉ〜www』
『でもほら、あんまり他の人には言わないでね?』
『自宅バレちゃうといろいろ面倒だからさっ。』


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 12:15:27 
俺『は、はい!それはもちろん!!』
水野『フフフww田中君って面白い人だねww』

水野『あっそうだ!これ良かったらどーぞ。お口にあうかわからないけど……』
俺『あ……わざわざすいません……ういろう……ですか?』

水野『地元で有名らしいから、お友達とどうぞっ☆』

俺『ありがとうございます!!』

水野『あ〜でも安心したっ!』
俺『えっ?!』
水野『あっいや!なんでもないの!!』

水野『これからもお隣同士、よろしくねっ!』
俺『こ……こちらこそ……』
水野『それじゃあ私は仕事だから…また……』
俺『は、はい。ありがとうございました』


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 12:19:26 
……何なのだ これは!?
俺は部屋に戻り自問する。

まだ夢の続きを見ているのだろうか?

ほほをつねる。
肉がない。
上手くつかめない。
かろうじてつまんだ皮に、にぶい痛みが走る。
俺『現実だ…………』
俺『………………』

 


俺『ちょwwwwwwおまwwwwマジかwwwwww』
俺『イヤァッホォォォォォォオオオォォ!!!!』

こうして、俺は水野裕子の隣人となった。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 12:24:45 
それなんてエロゲ?

15 :たっくん ◆Rtok6Ir9t. :2005/08/04(木) 12:26:04 
俺『なっ、なんでやねんっ!!』
山根『お前のけつの穴だよ』
俺『もっ、も、もういいよっ!』

俺&山根『ありがとうございました〜!!』
パチパチ…パチパチ……パチ……


山根『あぁーたいぎぃのぉ。』
山根『何でわしらが営業なんてせんといけんのんじゃ!!』

俺『そんなこというなよぉ〜山根ぇ〜。』
俺『仕事もらえるだけありがたいだろ〜』

山根『ま〜そうじゃけどよぉ。』
山根『わしらの漫才はこんな地方のジジイババアにはわからんけーの。』
山根『時間の無駄なんじゃ!!』


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 12:35:22 
俺『俺たち東京でも売れてないじゃん……』
俺『俺……お笑い向いてないのかな……』

山根『うーん……やっぱり問題はビジュアル面だよな』
山根『お前かなりキモイじゃん!』
山根『そこを売りにしていけばイケると思うんだよな!!』

俺『や、やだよ……キモイのが売りだなんて………』


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 12:40:16 
たっくんはアンガールズだったのか!!!!!!!!!!!!!1111

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 12:44:13 
山根『ばっ!キモイだけで売れるわけねーだろ!ばか!』
山根『大切なのは+αなんだよ!』

俺『+α………』
俺『キモ優しいってのはどう……?』

山根『それじゃ良い人どまりだな。散々貢がさせてポイッっだ。』

俺『キモ眠いってのは……?』
山根『それじゃ単なる寝顔がブサイクな人じゃねーか!!バカかお前』


19 :たっくん ◆Rtok6Ir9t. :2005/08/04(木) 12:49:51 
俺『うーん……キモ寂しい……』
山根『欝には人気でるかもな!………ってバカッ!!』

俺『ノリツッコミだね………』

山根『うっせー!こっちは昨日から寝とらんのじゃけぇ!』
山根『ねむーてイライラしとんのじゃ!!』

俺『また……彼女……?』
山根『あぁ。あいつが寝かせてくれんでよ。そろそろ捨てにゃーな』

俺『相変わらずモテモテだね………』
山根『まーな!それに比べお前、全くモテんのぉ』
山根『まだ童貞じゃろうが?』

俺『う………うん』


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/04(木) 13:01:07 
山根『わかった!お前の童貞パワーのせいで、わしら売れんのじゃぁ』
山根『さっさと捨ててこいっ!!』
俺『そんなこと言ったって………彼女なんてできないよ………』

山根『まーのぅ。お前セールスポイントなんか何も無いけーのー』


山根『そうじゃ!キモカワイイってのはどうじゃ?!』
俺『えっ………何それ………?』


22 :たっくん ◆Rtok6Ir9t. :2005/08/04(木) 13:05:19 
山根『今、無理矢理考えたんじゃ!お前の売り!』
山根『単にカワイイじゃ嘘になるけど、キモカワイイなら真実!!』
山根『ペット感覚で人気爆発!!ってどうじゃ??』

俺『そうかなぁ…………』

山根『そうに決まっとるじゃろうが!』
山根『よしっ!事務所に電話してプロフィール変えてもらわにゃぁ……』

俺『…………………』

後のアンガールズである。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/michaelsan/50112514
この記事へのコメント
  1. 1get!
    at 2007年01月28日 00:35 ID:rirxF.rwO